デカフェとは?4つの魅力と、生活の質をアップさせる特徴をご紹介

カプチーノ 基礎知識
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

デカフェとは、カフェインが少ないコーヒーのこと。

カフェインレスコーヒーとも呼ばれます。

 

「妊娠中、授乳中」の人や「寝る前」にコーヒーが飲みたいとき、デカフェが役に立ちます。

 

おんど
おんど

コーヒー好きのぼくも、夜はデカフェ。眠るのが苦手な男性にもおすすめです。

 

最近は、コーヒー豆自体の品質が上がってきているので、良いデカフェを口にする機会も多くなっています

カフェインが心配な人は、ぜひデカフェを生活に取り入れてみましょう。

 

スポンサーリンク

デカフェ(カフェインレス)コーヒーって何?

コーヒーと女性

コーヒーに含まれる代表的な成分のひとつが「カフェイン」。

その「カフェイン」が限りなくカットされているコーヒーが「デカフェ」です。

 

カフェインには「覚醒作用」や「リラックス効果」があるので、朝や仕事中に意識して飲む人は多いでしょう。

でも、授乳中のママや妊娠中の女性などは、カフェインをできるだけ取らないほうが良いとされています。

でもコーヒーが好きな女性にとっては、コーヒーを完全に断ち切るのは苦痛ですよね。

 

そんな時に役に立つのが「デカフェ」です。

 

以下では、カフェインを摂取したくないときに役立つ「デカフェ」の魅力についてご紹介していきます。

 

 

デカフェ(カフェインレス)コーヒーの魅力4つ

コーヒーと女性

デカフェの魅力を4つご紹介します。

妊娠中の女性や授乳中のママさんだけでなく、男性もデカフェをうまく取り入れてみましょう。

 

妊婦さんや授乳中のママが「カフェイン」を気にせず飲める

妊娠中であれば、カフェインはお腹の中の赤ちゃんに、少なからず影響を与えてしまいます。

また授乳中なら、授乳にの際にもカフェインの影響があります。

 

妊婦さんや授乳中のママは、できるだけカフェインを抑えたほうが無難。

 

そんな時にデカフェを活用すれば「コーヒーを飲みたい欲求」を満たすことができます

 

夜眠れないかも、という心配を解消できる

カフェインには「覚醒作用」があります。

例えば夕食後などにコーヒーを飲んだら、夜眠りにくくなってしまう場合もあるでしょう。

 

それでも、夜にコーヒーが飲みたくなること、ありますよね。

デカフェは、夜にコーヒーが飲みたいときにも役立ちます

 

コーヒー欲を満たすことができ、さらにちゃんと夜も眠れるようになります。

 

カフェイン依存症を避けられる

カフェインには、少なからず依存性があります。

タバコのニコチンやお酒のアルコール程強いものではありません。

ですが、カフェインに依存したくないという人は、デカフェを利用するようにしましょう

 

カフェイン依存になってしまったら、体がカフェインに慣れてしまいます。

 

それによって、カフェインの持つ「覚醒作用の恩恵」を受けられなくなってしまいまうので、たまにはデカフェでカフェインを断つのも良いかと思います。

 

胃腸に優しいので、胃を休めたいときにも役立つ

カフェインは、少なからず胃腸を荒らす原因となります。

でも基本的には、コーヒーは適量を飲めば胃液の分泌を促してくれるもの。

消化の助けにも繋がります。

 

しかし過度なカフェイン摂取を続けると、胃腸が荒れてしまうことが難点です

 

適量を自分で見極めることは難しく、個人差があるので一概には言えませんが「1日あたり3杯程度」を目安にしておきましょう。

 

それでも、もっとコーヒーが飲みたいという人は、ぜひデカフェを飲むようにしてみてください。

コーヒーの香りにはリラックス作用もあります。

 

デカフェも、もちろんコーヒーの香りの恩恵を受けられるので、活用してみてください。

 

コーヒーを我慢してストレスを溜めるよりも、デカフェでコーヒー欲を満たしましょう。

適度にカフェインを抑えることで、心も体も健康な状態を保てますよ。

 

デカフェ(カフェインレス)コーヒーのデメリット3つ

コーヒーとデカフェ

デカフェにはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。

 

扱っているお店が少ないので、探さないといけない

コーヒーショップの中には、まだデカフェを取り扱っているお店が少ないです。

徐々に浸透してきているし、認知度自体は高まっていのは事実。

 

でも、どんなお店でも取り扱っているとは言い切れないでしょう。

 

普通のコーヒーよりも、値段が少し高い

デカフェコーヒーは、少し値段が高いことが難点です。

どのお店でも、少し値段が高いことが通常です。

 

それは、コーヒーからカフェインを取り除くためには、ひと手間が必要だから。

その分値段が高くなってしまうのは、ある意味仕方がないことなのでしょう。

 

おいしくないデカフェが多い

残念ながら、普通のコーヒーと飲み比べると「おいしくないデカフェ」は多いです。

カフェインがないからおいしくない、という意味ではなく、デカフェを作る工程で味が損なわれてしまっているのです。

 

また量販店などで買うと、コーヒー豆の鮮度自体が落ちてしまっていることもあります。

しかし最近はデカフェの品質も上がってきています。

 

なので、コーヒー豆専門店などのデカフェは結構おいしくなってきていますよ。

 

デカフェを使いこなして、生活の質を上げましょう

コーヒーと女性

デカフェは妊娠中、授乳中、夜など、様々なケースで役に立ちます。

またプレゼントやギフトにもとても喜ばれます。

デカフェは世界中で注目されているので、どんどんおいしいデカフェが手に入りやすくなってきました。

 

時と場合によっておいしいデカフェを使いこなして、カフェインを気にしない生活を送りましょう。

 

コメント