コーヒー豆の粗挽き、中挽き、細挽きの違い。挽き方で味に違いも

ミル 基礎知識
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーは、挽き方によって味が変わります。挽き方は粗挽き、中挽き、細挽きとありますが、それぞれにどのような特徴があるのかご紹介します。

コーヒー豆の特徴を出したり淹れ方によって挽き方を変えると、コーヒー生活がもっと楽しくなりますよ。自宅でコーヒー豆を挽く際や、お店で挽いてもらう際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コーヒー豆の粗挽き、中挽き、細挽きの違い

コーヒー豆

コーヒー豆の粗挽き、中挽き、細挽きの違いを以下で説明していきます。細かく言えば「極細挽き」「中細挽き」などの粗さもありますが、今回は大きく3つの挽き方に分けます

ちなみに、挽き方による粗さは「挽き目」や「メッシュ」とも呼ばれます。コーヒー用語で「挽き目」「メッシュ」という単語を見聞きしたら、挽き方の粗さのことだと覚えておいてください。

粗挽き、中挽き、細挽きの特徴

コーヒー豆

コーヒー豆は粗挽き、中挽き、細挽きそれぞれで特徴や味わいが変わります。主な特徴は以下の通りです。(とても簡単にまとめました)

 見た目の粒の大きさ
粗挽き大きい(ザラメ糖ぐらい)酸味を感じやすい
中挽き中ぐらい(グラニュー糖ぐらい)バランスが良い
細挽き小さい(上白糖ぐらい)苦味が強い

砂糖に例えたところでイメージしずらいかもしれませんが…コーヒーの目の粗さはよく上記のように表現されます。見た目の粒の大きさはあくまで目安なので、ご参考程度まで。

ちなみに「極細挽き」になるとほぼパウダー状になります。エスプレッソは、ほぼ粉状の極細挽きに挽きます。

特徴を生かした挽き方を

それぞれの挽き方で味に違いが出てきます。ただし注意点としては、浅煎りのコーヒー豆を細挽きにしたからといって、酸味が完全になくなるということはありません。(浅煎り豆は酸味を感じやすいことが特徴です)少し酸味を抑えることができる、程度で考えておきましょう。

おすすめの考え方としては、焙煎度による特徴を生かして挽き方を変えることです。浅煎りのコーヒー豆を挽くときは少し粗めにして酸味を強調させ、深煎りは細挽きにして苦味を出してやりましょう。

もちろん好みはあるので、一概にどの挽き方が正しいのかを断言することはできません。挽き方はあくまでも味を少し変えるための手段です。

また抽出方法によっても挽き方は変わってきます。以下で抽出方法別、おすすめの挽き方をご紹介します。

抽出方法別、おすすめの挽き方

コーヒー豆

コーヒーはハンドドリップやサイフォン、フレンチプレスなど、様々な方法で抽出することができます。抽出方法によっておすすめの挽き目は変わってきますので、自宅で淹れる際は参考にしてみてください。

もちろん、以下の挽き目が1番良いということはありません。あくまでも基本なので、慣れてきたら調整したり、おすすめとは逆の挽き目にチャレンジしても楽しいと思いますよ。

フレンチプレスは「粗挽き」がおすすめ

フレンチプレスは、コーヒーの粉をお湯に浸して成分を抽出する方法です。コーヒーを淹れたことがないという人でも、簡単においしいコーヒーを淹れることができます。

浸してコーヒーの成分を抽出するため、粗挽きがおすすめの挽き目です。

またフレンチプレスの特性上、挽き方が細かすぎるとコーヒーの粉が出来上がったコーヒーにたくさん混ざってしまいます。少し粗めに挽くのが理想です。

ペーパードリップ、ネルドリップは「中挽き」がおすすめ

ペーパードリップ、ネルドリップなどのハンドドリップは、中挽き程度がおすすめです。ハンドドリップによる抽出はフレンチプレスと違い、お湯をコーヒーの粉に通して抽出します。

そのため、粗挽きではコーヒーの成分を十分に抽出できません。

また細挽きで淹れてしまうと、ペーパーやネルが目詰まりを起こしてしまう可能性があります。そのため、バランスの良い中挽きや、中細挽き程度がおすすめです。

水出しは「細挽き」がおすすめ

水出しコーヒーは、コーヒーの粉を水に浸して成分を抽出します。お湯よりもコーヒー成分の抽出スピードがゆっくりなので、細挽きにして成分が出やすいようにしてあげましょう。

ただし細挽きは雑味も抽出されやすいので、長時間浸しておくと嫌な苦味や渋さも出てしまいます。浸しておく時間は8〜12時間程度を目安に抽出するようにしましょう。

粗挽き、中挽き、細挽きで味に違いが出る理由

コーヒー豆

コーヒー豆は、ひと粒の中にたくさんの成分が含まれています。お湯をかけることによってその成分が外に出て、コーヒーが出来上がります。粒の大きさが変わると、成分の出るスピードに違いが出るため、出来上がりのコーヒーの味にも違いが出てくるのです

例えば粗挽きの場合、ひと粒が大きいので成分が抽出されるまでに時間がかかります。逆に細挽きの場合は粒が小さいので、成分が抽出されやすくなります。

粗挽き:抽出速度が遅い(成分が抽出されにくい)
細挽き:抽出速度が早い(成分が抽出されやすい)

細く挽いたほうが、より成分が抽出されるから良いのでは?という考え方もありますが、コーヒーの成分には雑味も含まれています。逆に粗挽きにすると成分が十分に抽出されない場合があります。

迷ったら中挽きぐらい

ハンドドリップにおすすめの中挽きですが、1番バランスが良いのでどの抽出方法でも比較的上手にコーヒーが淹れられるでしょう。迷ったらちょうど良い中挽きや、中細挽きぐらいでコーヒー豆を挽くようにしてみてください。

粗挽き、中挽き、細挽きを使い分けましょう

コーヒーは挽き目を変えるだけで味が変わります。もしもお店でコーヒー豆を挽いてもらうという人は、粒の大きさも気にしてみてください。また自宅でコーヒーを挽いているという人は、少し挽き目を変えてみるのもおもしろいと思います。

コーヒー豆を挽くのは、とても大事な作業です。挽きたてのコーヒーはとても良い香りでおいしさや鮮度も抜群の状態なので、ぜひ挽き目にも注目してみましょう。

コメント