青森県むつ市「艮珈琲店」さん。47都道府県のコーヒー豆を通販で

艮珈琲店 全国のお豆
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

47都道府県のコーヒー豆を飲むという個人企画。

今回は、本州最北端の「シングルオリジンコーヒー専門店」である「艮(うしとら)珈琲店」さんです。

 

 

ちなみに艮珈琲店さんが扱う「シングルオリジン」とは、ひとことで表すと「ブレンドしていないコーヒー」のこと。

コーヒー豆は産地や農園によって個性があるため、ブレンドをして長所や短所を伸ばすことが多いです。

 

その点、ブレンドをしない「シングルオリジンのコーヒー豆」は、コーヒー豆自体が高品質なことが条件になります。

 

おんど
おんど

シングルオリジンだからと言って絶対においしいことはなく、良質なコーヒー豆であることが条件。そして、適切な焙煎をされていないと、長所を引き出せません。

 

 

今回、シングルオリジンのコーヒー豆を堪能すべく、艮珈琲店さんのコーヒー豆をお取り寄せしてみました。

とてもおいしく頂けたので、この記事で紹介してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

青森県むつ市大畑町にある「艮珈琲店」さん

コーヒー豆

青森県、ぼくは行ったことがありません。

なので、まったくの無知のまま、コーヒー屋さん探しから始めました。

 

神戸在住なので、遠くてなかなか行く機会がありませんが、通販で買えるのはとてもありがたいです。

 

艮珈琲店さんで注文しようと決めたのは、まず「艮(うしとら)」ってなんて読むの?と感じたこと。

目を引く店名に、心が留まりました。

 

そして、シングルオリジンのコーヒー豆を、丁寧に焙煎されている感じがホームページから伝わってきたこと。

 

あとは、ホームページに記載されているこの一文。

 

皆様の「日常(ケ)」の中での、「非日常(ハレ)」となれますように。

艮珈琲店のホームページより抜粋

 

日常のアクセント、大事ですよね。

 

注文した「ブラジル」「グアテマラ」のコーヒー豆の感想

コーヒー袋

今回注文したのは「ブラジル」と「グアテマラ」のコーヒー豆です。

それぞれ、味の感想を簡単に。

 

2種類注文しましたが、どちらもシングルオリジンの良さが十分に出た「クリアさ」が印象的でした。

  

飲みやすさとコクがマッチした「ブラジル サンライズ」

少しだけ感じる酸味が、ぼく好み。

主役は苦味やコクでしたが、ほんの少しの酸味が良いアクセントでおいしいです。

 

ボディがしっかりしているのに、クリア。

なので、何杯でも続けられるかのように、飲み終わったときにとても心地よさを感じます。

 

近代的農園で生まれた高コスパコーヒー 酸味・苦味がほとんどなく、飲みやすい中にもしっかりとコクがあります。 本農園はGPSを使用して農地を管理し、肥料散布から収穫まで、いつ誰の手で行われたかまで追跡しています。生産・乾燥・精製・パッキング・輸出まで一貫して農園内で完結しているこだわりようで、この価格。非常にコストパフォーマンスの高いコーヒーです。

艮珈琲店のホームページより抜粋

 

深煎りなのにクリアな味わい「グァテマラ アゾテア ブルボン」

ぼくはグアテマラのコーヒー豆がとても好きで、取り扱いがあれば買ってしまいます。

艮珈琲店さんのグアテマラは、ぼくがグアテマラのコーヒー豆に欲している味を、見事に作り出してくれていました。

 

苦味の後に来る甘味、これがたまりません。

これこそ、グアテマラの長所だなーと再確認です。

ボディもしっかりしていて「コーヒーを飲んだ!」という満足感で満たされます。

 

世界遺産アンティグアからのクリーンなコーヒー 火山に囲まれた盆地であるアンティグア。土壌は豊かで、湿度は低く、日照時間が長く、寒暖差が大きいというコーヒー栽培に非常に適した地域です。 深煎りらしいしっかりとしたボディと心地よい苦味と甘味を持ち、非常に品のあるクリーンなコーヒーです。

艮珈琲店のホームページより抜粋

 

艮珈琲店でコーヒー豆を注文してみて

コーヒー豆

艮珈琲店さんのコーヒー豆は、鮮度が良い状態で送られます。

焙煎日も書いてくれているので、新鮮な状態であることを確認できました。

 

個人的には、焙煎日を書いてくれているのは嬉しいです。

それは新鮮さを求めているというのもありますが。

どちらかというと、焙煎からの味の移り変わりを実感しながら、毎日のコーヒーを楽しむことができるからです。

 

シングルオリジンで鮮度の良いコーヒー豆を探している人は、ぜひ艮珈琲店さんの豆を試してみてはいかがでしょうか?

 

艮珈琲店さんの店舗情報

艮珈琲店さんは、2019年1月に実店舗をオープンされたようです。

お近くの人は、ぜひお店に行ってみてください。

ぼくも行きたいのですが、いかんせん遠いので、またコーヒー豆を通販で注文したいと思います。

 

店名艮珈琲店(うしとらこーひーてん)
住所青森県むつ市大畑町松ノ木186-2
電話番号090-8613-2501
営業時間12:00~18:00(月・木曜日休業)

 

「艮(うしとら)珈琲店」さんの公式ホームページはこちら

 

艮珈琲店|シングルオリジンコーヒー専門店
艮珈琲店は、厳選したコーヒーを、オーダーメイドで丁寧に焙煎し、新鮮な状態でお届けする、本州最北端のシングルオリジンコーヒー専門店です

 

「艮(うしとら)珈琲店」のオンラインショップはこちら

 

艮珈琲店オンラインショップ
艮珈琲店は、青森県むつ市大畑町に位置する、シングルオリジンコーヒー専門店です。文字通り本州最北端から、世界中の美味しいコーヒーを販売しております。 【ご注文から商品到着までの流れ】 ご注文後1営業日以内にクリックポストにて発送いたします。 商品は概ねその翌日または翌々日にお客様のポストへと投函されます。(ポストに投函...

コメント