コーヒー豆の量は何グラム?淹れ方も大事だけど、量もポイント

コーヒー豆 基礎知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーを自宅で淹れる際、コーヒー豆の量はしっかり測っていますか?慣れてくるとコーヒースプーンを使って目分量で淹れがち、しっかり豆の量を測ったほうが良い場合もあります。おいしいコーヒーを淹れるための少しのコツは、豆の量を測ることです。

スポンサーリンク

コーヒー豆の量はどれぐらい使えばいい?

コーヒー豆の量は、一般的には1杯分あたり10〜15グラムの範囲内で淹れられることが多いです。適切なコーヒー豆の量は人によって異なり、様々な意見がありますが概ね10〜15グラムの中で調整されています。

2杯分であれば少し豆の量を減らして、20グラム程度使用するようにしましょう。1杯分の倍の量を使ってしまうと濃く出過ぎてしまいます。とはいえ、コーヒー豆の量は単純に倍にするという方法もあります。このあたりは好みになってくるので、微調整を好みで微調整をする必要があるでしょう。

ちなみにぼくは1杯あたり15グラムのコーヒー豆を使用するようにしています。

なぜコーヒー豆の量を量らなければいけない?

特にコーヒー豆のコーヒーを豆のまま購入して自宅で挽くという人は、豆のままの状態で量るようにしましょう。

焙煎度によって大きさが違う

浅煎りのコーヒー豆は小さく、深煎りになるにつれてコーヒー豆は大きくなっていきます。これはコーヒー豆の特性によるもので、焙煎が深くなるにつれて豆の中に空洞部分ができるからです。そのため、同じスプーンで一杯分をすくったとしても、浅煎りと深煎りでは重さに違いが出てきます。

産地や生産農家によって大きさが違う

コーヒー豆は、全て同じ大きさではありません。産地や生産農家(またはその時の出来具合)によって豆の大きさが変わります。豆の大きさのことを「スクリーンサイズ」とコーヒー業界では呼んでいます。

コーヒー豆の大きさは品質の良し悪しを判定する基準ともされていますが、単純に大きければ良い、ということではありません。ただし目安として、コーヒー豆が大きいほうが良いとされていることは事実です。

コーヒー豆の量を一定にする3つのメリット

自宅でコーヒー豆の量を量って淹れ方を工夫することのメリットをご紹介します。おいしいコーヒーを淹れ続けられるように、豆の量を量るようにしてみましょう。

1. 味を比べることができる

コーヒーの味の違いを比べるためには、できるだけ同じ条件でコーヒーを抽出する必要があります。コーヒー豆の量を一定にすることによって、味の変化に敏感になることができます。

2. 一定の味を保つことができる

いつもと同じようなコーヒーの淹れ方なのに、味が少し違うと感じたことはありませんか?体調や季節、時間帯によっても味の感じ方は違うものですが、豆の量を一定にすることで、その問題を少し解消することができます。

3. 自分の好みの味を探ることができる

コーヒー豆の量を試行錯誤することで、自分好みのコーヒーの濃さや味わいを追求することができます。一般的な10〜15グラムの範囲内で、自分に合った量を探してみてください。

コーヒー豆の量を量るのに必要な道具

コーヒー豆の量を量ったことがないという人は、道具を準備しましょう。家庭にあるものでも代用可能です。

スケール

キッチンスケールは、家庭で料理に使うもので構いません。コーヒーの抽出に使う専用のスケールもありますが高価なので、手軽に手に入る値段帯のものや、自宅にあるもので結構です。

コーヒースプーン(コーヒーメジャー)

コーヒースプーン(メジャースプーン)は、コーヒー豆を入れるために使います。高価なものは必要ないですが、スケールに載せた時に自立するものが便利ですね。もちろん、家庭にあるスプーンや、大さじ、コップなどでも代用可能です。

コーヒー豆の量はおいしさのポイント

コーヒーはできるだけ気軽に飲みたいし淹れたいものですが、量を量る少しの手間だけ加えることによって、おいしさを増すことができます。お湯を沸かしている間に量るようにすれば、時短にもなると思います。

同じ豆を使い続けているという人は、毎回量を量らなくても慣れているので目分量で大丈夫ですが、いつもと違うコーヒー豆を買ってきたというときは、量を量ってみるようにしましょう。

コメント