コーヒーを飲んだ後の口臭対策。原因は?なぜ臭いが気になる?

談笑 健康&ダイエット
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーを飲んだ後、口臭が気になってしまうことはありませんか?コーヒーそのものはとても良い香りなのに、体に入れたら臭いが気になるという人は多いと思います。

仕事中やせっかくのリラックスタイムで口臭が気になってしまうと、ちょっとショックですよね。うまく口臭対策をして、コーヒーと上手に付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

コーヒーを飲んだ後の口臭対策

コーヒー

コーヒーを飲んで口臭がするのは、ある程度仕方がないことです。気になってしまうという人は、コーヒーを控えるのが1番の近道と言えるでしょう。とはいえ、コーヒー好きの人にとってはなかなか我慢できるものではありませんよね。

コーヒーを飲むときや飲んだ後、少しのことに気をつけるだけで口臭予防につながります。コーヒーを飲んだら口臭がする原因と、その対処方法について見ていきましょう。

コーヒーを飲むと微粒子が舌に付着する

コーヒーには、細かな微粒子が含まれています。その微粒子は舌に付きやすく、細かいのでなかなか取れません。付着したまま放置しておくことで、口臭の原因となってしまいます

舌ブラシなどで舌をケア

コーヒーの微粒子を取るためには、舌ブラシなどで舌を掃除してやると効果的です。毎回するのは面倒かと思いますが、自宅でコーヒーを飲んだ後に舌ブラシをしておくことで、臭いは随分解消されます。

ただし舌はとても繊細なので、歯ブラシでゴシゴシするようなケアは控えたほうが良いです。できれば柔らかい舌ブラシを使ってケアしていきましょう。

ミルクや砂糖を入れすぎている

ラテアート

コーヒーにミルクや砂糖をたっぷり入れるのが好きという人は、それが口臭の原因となっている可能性があります。特にミルクは乳製品のため「含硫アミノ酸」という成分がたくさん含まれています。

この含硫アミノ酸が口の中に入ってくると、口臭発生菌が一気に増えてしまいます。

ほどほどか、もしくはブラックで飲む

対策としては、できるだけコーヒーはブラックで飲むようにしましょう。よく誤解されることですが、ミルクを入れると臭いがマイルドになるということです。確かに口当たりが良くなり口に含んだときのコーヒー感は減りますが、実は口臭の原因を増やしてしまっています。

どうしてもブラックで飲めないという人は無理をする必要はありませんが、ミルクや砂糖の量をほどほどにしたり、おいしいブラックコーヒーを飲むようにしてみてください。

空腹時にコーヒーを飲むと口臭の原因に

コーヒー

お腹が空いているときにコーヒーを飲むと、口臭の原因となってしまいます。コーヒーに含まれるポリフェノールの一種「クロロゲン酸」は脂肪の吸収を抑えたりする効果があり、ポジティブな作用が期待できますが、空腹時に飲むと口臭の原因となってしまうこともあります。

クロロゲン酸は胃酸の分泌を促進します。そのため、空腹時に飲むと一時的に胃酸過多のような状態になり、口臭の原因となってしまうのです

コーヒーは食後に飲むようにする

コーヒーを飲むときは空腹時をできるだけ避け、食後に飲むようにしましょう。おやつを一緒に食べることも効果的です。

そもそも空腹時のコーヒーは、胃に負担をかけてしまうこともあるのであまりおすすめできません。胃がからっぽのときは、コーヒーを控えるか、何かおやつを用意してコーヒーを飲むようにしましょう。

カフェインで唾液の量が一時的に減る

ランチ

コーヒーに含まれるカフェインは、唾液の量を一時的に減らしてしまいます。口の中の唾液の量が少なければ、口臭の原因となってしまいます。また利尿作用もあるため、体内の水分量自体が減ってしまい、結果的にそれも口臭発生の一因となってしまうのです。

水分も一緒に取るようにする

コーヒーを飲むときは水を一緒に飲むなど、別で水分を取るようにしましょう。コーヒーも水分と言えば水分ですが、利尿作用のことやカフェインによる唾液量減少のことを考えると、別で水分を取ったほうが効果的です。

喫茶店やカフェに行くと、お水を一緒に出してくれると思います。自宅でも同じように、コーヒーと水分は一緒に取るようにして、唾液量を減らさないように工夫してみましょう

効果が期待できる口臭対策方法

会話

コーヒーを飲んで口臭がするのは、仕方がないことなので諦めたほうが良いかもしれません…。それでもコーヒーを飲みたいときはあるし、我慢できないという人も多いでしょう。

基本的なことですが、以下のことを実践すると、少しコーヒーの臭いを予防することが期待できます。

マウスウォッシュ

マウスウォッシュをすることで、コーヒーの臭いを取り除いてスッキリさせることができます。ただしお腹の中までさっぱりさせることはもちろんできません。

コーヒーのステインによる歯の汚れを防ぐこともできます。

舌ブラシ

前述しましたが、舌ブラシはコーヒーの微粒子を取り除くのにとても有効です。マウスウォッシュと組み合わせれば、十分に口の中のケアができると考えられます。

うがい

外出先などで舌ブラシやマウスウォッシュができないという場合は、うがいをするだけで少しマシになります。これは実践している人も多いかもしれませんね。古典的な方法ですが、こまめなうがいは口臭予防に繋がります。

おやつと一緒に、もしくはコーヒーを飲むのは食後

コーヒーによる口臭は、口の中だけきれいにしても取り除けない場合があります。胃の調子が悪いときはコーヒーを控えたり、おやつや食事と一緒にコーヒーを飲むようにしましょう。食後のコーヒーは胃酸の分泌を促進してくれるので、健康効果も期待できます。

口臭を気にせずコーヒーを飲みましょう

せっかくのおいしいコーヒー、口臭を気にしていたら気軽に飲むことができませんよね。コーヒーを楽しむためには、軽い気持ちで飲みたいところです。

コーヒーによる口臭の影響は確かにありますが、少しの工夫をすることによって防ぐことができます。外出先などではこまめなケアは難しいかもしれませんが、うがいをしたり空腹時のコーヒーを避けるようにして、少しの口臭予防を実践してみましょう。

コメント