ブレンドコーヒーとは?意味や魅力を解説!自宅でブレンドする方法も

基礎知識
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブレンドコーヒーとはどういう意味?

View this post on Instagram

@ayh0721がシェアした投稿

お店やコーヒー豆を買うときに「ブレンド」という言葉をよく見聞きすると思います。何気なくブレンドコーヒーという言葉を使っているけれど、その意味についてはご存知ですか?この記事では、ブレンドコーヒーの意味やその魅力、ブレンドの方法についてご紹介していきます。

自分でブレンドコーヒーを作ってみたいという人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ブレンドコーヒーの意味

「ブレンド」とは直訳すると「混ぜる」という意味です。つまりブレンドコーヒーは、異なる種類のコーヒー豆を混ぜたコーヒーという意味になります。異なる種類とは「産地」です。例えば「ブラジル」と「エチオピア」のコーヒー豆を混ぜるとブレンドコーヒーになります。

コーヒーの味や香りは産地、焙煎度によって異なる

コーヒーの味や香りは、産地や焙煎度によって大きく変わります。ブレンドコーヒーは異なる産地や焙煎度のコーヒー豆を混ぜたものになります。細かく言えば、同じ「ブラジル」の豆でも違う農園の豆を2種類以上使っていれば、それはブレンドコーヒーになります。

名前を付けるときのルール

例えばブレンドコーヒーの名前に「キリマンジャロブレンド」という名前を付ける際は「キリマンジャロ」のコーヒー豆を30%以上使用しなければいけないというルールがあります。

ブレンドコーヒーに対するのは?

ブレンドコーヒーが2種類以上のコーヒー豆を混ぜたコーヒーなことに対し、同じ農園で栽培されたコーヒー豆だけのことを「ストレートコーヒー」や「シングルオリジン」と言います。よくも悪くも、特徴が強いことがストレートコーヒーの魅力で、昨今流行のスペシャルティコーヒーの飲まれ方はストレートで飲まれることが多いです。

ブレンド方法の種類

コーヒー豆をブレンドする方法は、2種類あります。

  1. プレミックス
  2. アフターミックス

プレミックスは大量生産されるブレンドコーヒーに使われる方法です。焙煎する前の生豆をブレンドする方法なので品質に差が生じやすいです。ただし、一概に全てのプレミックスの品質が悪いかと言えばそうではありません。プレミックスの生豆を仕入れて、適切に焙煎をしておいしいコーヒー豆を提供してくれるコーヒー屋さんもたくさんあります。

アフターミックスは、焙煎されたコーヒー豆をブレンドする方法です。コーヒー豆専門店では、この方法が一番メジャーです。自宅でブレンドする場合でも、アフターミックスが基本となってきます。

ブレンドコーヒーを作る方法

ブレンドコーヒーを作る方法はとても簡単で、自宅でも簡単にブレンドをすることができます。2種類以上のコーヒー豆を、自宅で混ぜるだけです。コーヒー豆や粉の状態でブレンドし、抽出するとそのコーヒーはブレンドコーヒーとなります。

方法自体は簡単ですが、細かくブレンドコーヒーの味を決めるのは少し難しいです。具体的な方法は以下の通りです。一杯分の15グラムで「中煎りのブラジル」と「浅煎りのエチオピア」のブレンドコーヒーを作ると考えて見てみましょう。

  1. ベースとなる豆を決める
  2. プラスしたいコーヒー豆を決める
  3. 配合の割合を考える(全体で15グラムになるように)

ベースのコーヒー豆を決める

まずベースとなる豆を決めます。ベースとなる豆は一番量が多くなることが多いです。ベースとなる豆は、ボディが強く、しっかりした味のコーヒー豆を使うとうまくいきやすいです。ここでは「ブラジル」をベースとします。

プラスしたいコーヒー豆を決める

次にプラスしたいコーヒー豆を選びます。ポイントは、どのような味わいをプラスしたいかというよりも、香りで選ぶことです。味の基本はベースの「ブラジル」である程度決まっているため、香りづけをしてあげます。浅煎りの「エチオピア」を使って、フルーティな香りをプラスしましょう。

配合の割合を決めて混ぜる

最後に配合の割合を決めます。今回の場合「ブラジル」「エチオピア」の2種類のコーヒー豆を買ってきたとしました。基本的にベースとなるコーヒー豆のほうが、割合は大きくなります。また香りをプラスしたいときは、少しの量で十分な香りを得ることができます。

以上を踏まえて作るブレンドコーヒーの割合は、ブラジルが12グラム、エチオピアが3グラム程度が目安です。人間の味の好みは人それぞれなので、この配合を好みによって変えることができるのも、ブレンドの楽しいところです。

ブレンドコーヒーの魅力

ブレンドコーヒーの魅力は、コーヒー豆の良いところを足し算的に配合することができるという点です。自分好みの味や香りのコーヒーを作ることができるので、楽しさという点も魅力のひとつでしょう。

また「浅煎りのエチオピア」などのコーヒー豆はとてもフルーティな良いフレーバーが特徴です。ただし浅煎りのため酸味が強めなので、香りは好きだけれど酸味が苦手という人にとっては、疎遠なコーヒー豆となってしまうでしょう。

そのようなとき、ベースのコーヒー豆に浅煎りのエチオピアをブレンドすることによって、自分好みのおいしいブレンドコーヒーが出来上がります。

ブレンドコーヒーは豆のいいとこどり!

ブレンドされたコーヒー豆は、たくさんの味や香りを感じることができるので、深みや奥行きのあるコーヒーを味わうことができます。自分好みのブレンドコーヒーを買ったり、自宅でチャレンジしてみましょう。ストレートコーヒーをたくさん試してみるのも、おいしいブレンドコーヒーを作る第一歩です。

好みの味を探して、おいしいブレンドコーヒーを楽しんでみてくださいね。

コメント