コーヒーの粉が膨らまない原因3つと膨らませ方!入れ方が悪い?

ハンドドリップ ハンドドリップの淹れ方
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒー豆が膨らまない!

コーヒーをハンドドリップで淹れていて、どうしてもコーヒー豆が膨らんでくれないとき、ありませんか?お店やYouTubeで見るハンドドリップのように、コーヒー豆を膨らませてみたいですよね。この記事では、コーヒー豆が膨らまない原因についてご紹介していきます。

コーヒー豆が膨らむのはなぜ?

一般的によく見る市販のコーヒー豆は、焙煎(コーヒー豆を焼くこと)された状態です。コーヒー豆は生豆の状態では白く、その状態ではコーヒーの味も香りもしません。焙煎されて初めて、コーヒーとして飲むことができるようになります。

焙煎したコーヒー豆には、炭酸ガスがたくさん含まれています。コーヒー豆にお湯を注いだときに膨らむのは、その炭酸ガスが放出されているからです。炭酸ガスは焙煎された直後が一番多く、時間が経つにつれて自然と炭酸ガスが放出されていきます。

つまり、炭酸ガスが放出されればされるほど、コーヒー豆が新鮮な状態であるということを意味します。

コーヒー豆が膨らまない原因3つ

コーヒー豆が膨らまない原因は、主に3つ考えられます。それぞれ別のことが原因となっていますので、買ってきたコーヒー豆がうまく膨らんでくれないという人は参考にしてみてください。

1. コーヒー豆が劣化している

コーヒー豆がうまく膨らまない原因で一番多いと考えられるのが、残念ながら劣化してしまっているということです。この場合はどんなに上手にハンドドリップをしたとしてもうまく膨らんでくれず、味も風味も劣化してしまっています。

具体的なお店の名前は伏せますが、コーヒーチェーン店で売られているコーヒー豆の鮮度は、悪いと考えてください…。具体的な日数で言えば、焙煎後1ヶ月以上経ったコーヒー豆は、うまく膨らんでくれないです。

しかしコーヒー豆を買うときに、焙煎した日までは調べることは難しく、特に大きなお店で買うときは確認できないでしょう。個人で焙煎をしている小さなお店や、ホームページで焙煎したてのコーヒー豆を売っているというところを探すのがおすすめですよ。

2. コーヒー豆が浅煎り

コーヒー豆は焙煎度合いによって、味わいが変わります。焙煎度合いは大きく「浅煎り」「中煎り」「深煎り」に分けられ、焙煎が浅いほうが酸味が強くなることが特徴です。そして炭酸ガスの量も、焙煎度合いによって変わり、浅いほうが炭酸ガスが少ないです。そのため浅煎りのコーヒー豆は、膨らみにくいことがよくあります。

この場合は鮮度ではなく、焙煎度合いの特徴と考えるようにしましょう。入れ方が間違っているわけでもなく、コーヒー豆が悪いわけでもありません。浅煎りのコーヒー豆は、豆の個性を感じることができ、鮮度の良い豆はすっきりとした酸味を感じることができます。

スペシャルティコーヒーは浅煎りで焙煎されることが多いため、最近の流行りのコーヒー豆は膨らまないことが多いでしょう。ただしスペシャルティコーヒーでも深煎りのコーヒー豆は、とてもよく膨らみます。焙煎度合いによって膨らみ方に差があるということを覚えておいてください。

3. お湯の温度が低すぎる

コーヒーをハンドドリップする最適な温度は、一般的に90℃前後とされています。お湯の温度が80℃を切るほどの低温の場合、コーヒー豆の膨らみが弱いことがあります。

コーヒーのハンドドリップは奥が深く、お湯の温度については様々な意見があります。1℃単位でお湯の温度を調整している人も多く、中には80℃程度で抽出をするという方法もあります。それは間違いではなく、結果おいしいコーヒーが出来上がるのであれば、どんな湯温でも正解と言えるでしょう。

コーヒー豆が膨らまなければ良いハンドドリップではない、ということはありません。低めの湯温で思ったような味が抽出できているのであれば、無理にお湯の温度を高くしようとしなくても良いでしょう。

コーヒー豆を膨らませる方法

コーヒー豆が膨らまない原因が分かれば、膨らませる方法も自ずと見えてきたと思います。

コーヒー豆を膨らませるには、まず絶対条件として新鮮なコーヒー豆を使用することです。どんなに上手にハンドドリップをしても、劣化してしまったコーヒー豆では意味がありません。新鮮な状態のコーヒー豆を買って、できるだけ早めに使いきるようにしましょう。

買う際には、できれば豆のまま買ってください。コーヒー豆は挽いてしまうと、劣化スピードが早くなります。鮮度の良い状態を保つためにも、できるだけ豆のままの状態で購入して、飲む直前に挽くようにしましょう。

また中煎りから深煎りのコーヒー豆を選ぶと、よく膨らみます。浅煎りの酸味が好きという人は、無理に膨らませようとしなくて大丈夫です。浅煎りのコーヒー豆でも鮮度が良いものは、少し膨らみます。ただし極端に浅煎りのコーヒー豆は膨らまないことも多いです。

そして湯温を高めに設定することも、コーヒー豆を膨らませるコツです。95℃ぐらいでハンドドリップしてみてください。ケトルでお湯を沸かしてドリップケトルに移し、少しだけ水を足せば95℃近くになるでしょう。

コーヒー豆は無理に膨らませなくてもいい

コーヒーは鮮度が命です。鮮度の良いコーヒー豆を買うことは、膨らませる以前の問題で、おいしいコーヒーを飲むための絶対条件と言えます。悪いコーヒーはお腹が痛くなったり、気分が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

新鮮な状態のコーヒー豆であれば、無理にコーヒー豆を膨らませることはありません。とはいえ、ぷっくり膨らんだドリップは、ハンドドリップをしていても楽しいものです。ハンドドリップをより楽しんでおいしいコーヒーを淹れるために、この記事を参考にしてみてください。

コメント