見た目以外で差をつける方法。かっこいい趣味「コーヒー」で男の魅力アップ

カップル コラム
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

男性のみなさん「モテる男の趣味」を身につけませんか?

 

  • 趣味を始めてモテたいけど、忙しくて時間がない
  • どうせ趣味を始めるなら、かっこいいのがいい

 

モテるために、かっこいい男性になるために「見た目をいじる方法」はキリがありません。

 

でもかっこいい趣味を始めれば「男の魅力を上げる方法」を身につけることができます。

 

そこでおすすめしたいのは「コーヒーを趣味にする」という方法。

 

おんど
おんど

コーヒーは自己満足の世界。でも人にもアピールできる最強のかっこいい趣味!

 

ぼく自身のモテ経歴なんかを話しても説得力がないと思うので、逆にあなたに聞いてみます。

 

  • コーヒーに詳しい男性を「かっこいい」と思ったことはありますか?
  • コーヒーを淹れるカフェ店員のことを「かっこいい」と思ったことはありますか?

 

上記のこと、少しでも思い当たる節があるなら、それは正解です。

男性と同じく「女性も同じように考えている=かっこいいしモテる」となります。

 

  • 何かに集中、没頭している男は「かっこいい & モテる」
  • 大人っぽくてオシャレな男は「かっこいい & モテる」
  • 自己満足に浸らず、発信すれば「かっこいい & モテる」

 

コーヒーを趣味にして、かっこいい男性を目指し、モテる要素を増やしましょう。

 

スポンサーリンク

コーヒーが趣味だと「かっこいい男性」「モテる男」になれる理由

コーヒー

コーヒーを趣味にしたらなぜモテるのか、真剣に解説してみます。

 

コーヒーを淹れている仕草がかっこいい

カフェや喫茶店でコーヒーを淹れている人のことを「バリスタ」と言います。

まず「バリスタ」という響きがかっこいい、モテそうな仕事ですよね。

 

バリスタにならなくても、自宅でコーヒーを淹れている仕草や表情は、自然とかっこよくなるものです。

 

友達に「コーヒー飲む?」と言われて「インスタントコーヒーを作る」のか「豆から挽いてコーヒーを淹れる」のか。

どちらがかっこいいかは、一目瞭然だと思います。

 

ブラックコーヒーを飲むのは大人っぽい

ブラックコーヒーは、大人の味。

抽象的なようですが、実は科学的にも証明されています。

 

コーヒーって苦いものですよね。

子どものうちは「苦味」に慣れていないので、コーヒーの苦さを美味しく感じることができません。

 

簡単に言えば「慣れ」です。

いつの間にかブラックコーヒーを飲めるようになった、という人もいます。

 

かっこいい男性のひとつの条件として「大人っぽい」が挙げられますよね。

ブラックコーヒーを飲む、これだけで男の魅力アップに繋がってしまうこともあります。

 

コーヒーが趣味というだけで、なんとなく「さりげなく」オシャレ

モテる、かっこいい男性は、やっぱりオシャレです。

もちろんオシャレが全てとは言い切りません。

 

でも、オシャレかオシャレじゃないか、どちらがモテるかと言われれば、間違いなくオシャレな男性かと思います。

 

また、コーヒーのかっこいいところはその「さりげなさ」です。

女性と喫茶店やカフェでコーヒーを飲んでいるとき、または自宅に女性を招いたときに、その威力を発揮します。

 

さりげないオシャレやアピールは、好感度アップのポイントです。

 

具体的に「モテる & かっこいい」と思わせる方法。コーヒーは自己満足の世界じゃない

コーヒー

では、具体的にどういう方法で「コーヒーというツール」を使ってモテるのかをご紹介します。

 

  • コーヒーはハマる要素がたくさん。熱く語る男はかっこいい
  • コーヒーを淹れているところを、SNSにアップしよう
  • コーヒーを淹れている真剣な表情を、さりげなくアピールしよう

 

「自宅でも黙々とコーヒーを淹れている」「ブラックコーヒーを飲んでいる」だけではモテませんし、かっこいいとアピールできません。

自己満足の世界に浸るだけでなく、さりげない発信で「大人のかっこいい男」をアピールしましょう。

 

コーヒーはハマる要素がたくさん。熱く語る男はかっこいい

コーヒーの世界は奥が深いです。

 

  • コーヒー豆の種類
  • コーヒーの淹れ方
  • 味の感想の伝え方

 

これらは一朝一夕で身に付くものではなく、ちゃんと「コーヒーを勉強した」人にしか語れないものです。

 

何かに打ち込んだ経験があって「それについて熱く語れる男性」のことをかっこいいと思いませんか?

まずはコーヒーを趣味として始めてみて、ネットや本で知識を吸収してみましょう。

 

そしてそれを、ふとした瞬間に女性にアピールしてみてください。

 

おんど
おんど

あ、でも。いきなりスイッチ入れて語り出すのは暑苦しいだけです。カフェでの休憩中などで「さりげなく」語り始めましょう。

 

コーヒーを淹れているところを、SNSにアップしよう

自宅でコーヒーを淹れているだけでは、もったいないです。

出来上がったコーヒーや淹れているとこをを、SNSにアップしましょう。

 

「コーヒーが趣味です」アピールもできるし、何より映えます。

「コーヒー豆」や「おしゃれなカップに入ったコーヒー」は、間違いなくかっこいいです。

 

オシャレなカフェの画像を載せている人は多いと思いますが、カフェに行かずともインスタ映えする写真を撮ることは可能。

 

 

コーヒーを淹れている真剣な表情を、さりげなくアピールしよう

もしも自宅でコーヒーを淹れてあげる機会があったなら、本気を出しましょう。

とっておきのコーヒーを淹れてあげてください。

 

ただし「ドヤ顔」禁止です。

できるだけ「余裕の表情を作りつつ、眼差しは真剣」にしてみましょう。

 

とはいえ表情なんて難しいと思いますので「見えるところでコーヒーをハンドドリップ」していれば、それだけ効果大です。

 

 

コーヒーって本当にかっこいいの?気になる世間の声

カップル

ぼくがいくら「コーヒーってかっこいいよ!モテますよ!」と言ったところで、あまり説得力を感じられないですよね、悲しいかな。

なので、ちょっとでも信ぴょう性を出すために、世間の声を集めてみました。

 

 

 

 

 

コーヒーを趣味にして、かっこいい「モテる男」にランクアップしよう

コーヒー

コーヒーを趣味にしたらかっこいい & モテるという説、なんとなくご理解いただけましたか?

 

  • 何かに集中、没頭している男は「かっこいい & モテる」
  • 大人っぽくてオシャレな男は「かっこいい & モテる」
  • 自己満足に浸らず、発信すれば「かっこいい & モテる」

 

「かっこいい趣味で女性にモテたい。良い方法が知りたい」

 

男性でかっこいい趣味を探している人は、まずコーヒーを趣味にしてみましょう。

そしてさりげなく発信を続け、モテる努力を継続してみてはいかがでしょうか?

 

コメント