全て解決します。コーヒーのデメリットを攻略して、好きなように楽しもう

豆知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーを日常的に飲んでいる人は、デメリットのことを理解していますか?

なんとなく飲んでいるのであれば、もしかしたら体調に影響しているかもしれません。

 

実は、コーヒーを飲むと多少なりともデメリットがあります。

 

かくいうぼくも「おいしい」「習慣になっている」などの理由で、コーヒーのデメリットをちゃんと考えたことはありませんでした。

 

おんど
おんど

罪悪感を感じたくないから、目を背けていた部分もあります。

 

でも、ちゃんとデメリットを理解しておくことで、気兼ねなくコーヒーを飲めるようになります。

コーヒーのデメリットはいくつかありますが、ちょっと工夫することでそのデメリットを回避することは可能。

 

コーヒーのデメリットと解決方法
  • 貧血になる → 食前にコーヒーを飲まない
  • 口臭が気になる → マウスウォッシュで舌をきれいにする
  • 胃が痛くなる → 空腹時はコーヒーを飲まない
  • 利尿作用がひどい → 気にしない & こまめに水分補給をする
  • 睡眠の質が落ちる → 夕方以降はコーヒーを飲まない
  • 妊娠中や授乳中はリスクあり → おいしいカフェインレスを飲む
  • 歯が黄ばむ → コーヒーを飲んだ後は水を飲む
  • 冷え性になる → 飲み過ぎなければ大丈夫

 

また、大前提として「飲み過ぎ」は禁物です。

コーヒー以外の飲み物、食べ物全てに共通することですが、適量を体と相談しながら摂るようにしてください。

 

スポンサーリンク

貧血になる → 食前にコーヒーを飲まない

コーヒー

コーヒーを飲むと、貧血になる可能性があります。

これは、コーヒーに含まれる「タンニン」によって、体内に鉄分が吸収されにくくなってしまうからです。

 

解決方法は、食前にコーヒーを飲まないことです。

どうしてもコーヒーが飲みたくても、貧血が気になるという人は食後まで我慢しましょう。

 

口臭が気になる → マウスウォッシュで舌をきれいにする

コーヒー

コーヒーと口臭は、切っても切れない関係かもしれませんね。

しかし、実際にはコーヒーによる口臭は少ないものなので、むしろ逆に口臭予防なります。

 

それでも口臭が気になってしまう原因は、口の中、特に舌にコーヒーの成分が「長く」残ってしまうから。

 

解消するためには、コーヒーを飲んだ後に「マウスウォッシュをする」「水で舌をきれいにする」などが効果的です。

 

 

胃が痛くなる → 空腹時はコーヒーを飲まない

コーヒー

コーヒーには、胃酸の分泌を促す効果があります。

メリットと捉えることもできるのですが、空腹時に飲んでしまうと胃酸が必要以上に分泌されてしまいます。

 

なので、できるだけ空腹時は避けてコーヒーを飲むようにしましょう。

おやつと一緒にコーヒーを飲むことでも、胃痛を軽減させることができます。

 

 

利尿作用がひどい → 気にしない & こまめに水分補給をする

コーヒー

コーヒーの代表的な効果として、利尿作用があります。

脱水症状などを心配する声もありますが、実際の利尿作用はさほど気にする必要はありません。

 

例えば、ビールのほうがよっぽど利尿作用が強いです。

 

でも、大量に汗をかくのであれば、少しコーヒーを控えたほうが良いかもしれません。

 

もしくは、コーヒーと一緒に水を飲むようにしてください。

コーヒーの成分はほとんどが水分なので、さほど気にする必要はないでしょう。

 

 

睡眠の質が落ちる → 夕方以降はコーヒーを飲まない

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには「覚醒作用」があるので、睡眠を妨げる可能性があります。

眠ることができたとしても、睡眠の質が落ちてしまう場合も。

 

コーヒーを夜飲むのが好きな人にとっては酷かもしれませんが、睡眠の質が気になるなら夜はコーヒーを控えたほうが良いです。

 

ぼくの場合は、夕方以降はコーヒーを飲みません。

どうしても飲みたい場合は、おいしいとびきりのフェインレスコーヒーを飲んで解消しています。

 

 

妊娠中や授乳中はリスクあり → おいしいカフェインレスを飲む

コーヒー

赤ちゃんへのカフェインリスクは、懸念ポイントのひとつですよね。

妊娠中や授乳中のママにとって、コーヒーを飲めない生活はかなりキツいはず。

 

解決方法としては、良質なカフェインレスコーヒーを飲むこと。 

ポイントは「良質でおいしい」ということです。

カフェインレスだからといってまずければ、コーヒー欲を満たすことはできません。

 

1日1杯程度のコーヒーなら問題ないとも言われていますが、何かあってからじゃ遅いです。

なので、上手にカフェインレスコーヒーを取り入れて、コーヒーが飲めないストレスを解消しましょう。

 

 

歯が黄ばむ → コーヒーを飲んだ後は水を飲む

コーヒー

コーヒーによる歯の色素沈着は、コーヒー好きの人にとって悩みの種かもしれません。

こちらも「口臭問題」と同じく、すぐに対処すれば問題ありません。

 

解消方法は「口をすすぐ」「歯磨きをする」など、コーヒーに成分を長く口の中に残さないことです。

 

ただし、一度着色してしまったら元に戻すのは難しいです。

その場合は専用の歯磨き粉や、クリニックを利用するようにしましょう。

 

 

冷え性になる → 飲み過ぎなければ大丈夫

コーヒー

もしもコーヒーを飲んで冷え性が悪化したという人がいれば、おそらくそれは「砂糖」の摂りすぎでしょう。

コーヒー自体は血行促進の効果があるので、冷え性の改善に役立ちます。

 

しかし、砂糖を入れると血糖値が急上昇、急降下してしまうので、冷え性の原因になってしまいます。

 

冷え性が気になるという人は、できればブラックかミルクを入れたコーヒーに切り替えたほうが良いです。

どうしても甘くないと飲めないという人は血糖値が上下しにくい「ハチミツ」を使うと良いですよ。

 

はちみつ 明らかになる健康機能~最新研究ダイジェスト | はちみつ | 山田養蜂場のみつばち健康科学研究所
山田養蜂場がお届けする、はちみつの甘さと栄養成分についての健康情報。はちみつとはどのようなものか、その栄養成分や機能、用途、選び方などについてご説明します。予防医学の観点から、自然成分の有用性を研究する山田養蜂場のみつばち健康科学研究所より、健康情報をお届けします。

 

コーヒーのデメリットは攻略可能

コーヒーと女性

コーヒーのデメリットと、その解消方法についてご紹介しました。

 

  • 貧血になる → 食前にコーヒーを飲まない
  • 口臭が気になる → マウスウォッシュで舌をきれいにする
  • 胃が痛くなる → 空腹時はコーヒーを飲まない
  • 利尿作用がひどい → 気にしない & こまめに水分補給をする
  • 睡眠の質が落ちる → 夕方以降はコーヒーを飲まない
  • 妊娠中や授乳中はリスクあり → おいしいカフェインレスを飲む
  • 歯が黄ばむ → コーヒーを飲んだ後は水を飲む
  • 冷え性になる → 飲み過ぎなければ大丈夫

 

コーヒーのデメリットは、ちょっと工夫するだけで攻略可能です。

 

コーヒーにはデメリットがあるから、ちょっとセーブしている

 

このように考えている人は、自分の体と向き合いながら、正しくコーヒーを飲むようにしてみてください。

コメント