カフェオレベース(コーヒーシロップ)の作り方【おすすめレシピ】

カフェオレ レシピ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

カフェオレベースは、別名コーヒーシロップとも言います。

このカフェオレベースは、冷蔵庫に常備しておくととても便利で、作っておくといつでもおいしいカフェオレが飲めます。

 

 

カフェオレベースの良いところ!

・甘いくて美味しいし
・長持ちする
・簡単に作れる
・いつでも飲める

あと言い方は悪いけれど、少々好みの味じゃないコーヒー豆でもおいしいカフェオレベース作れます。コーヒーの消費に困ったらカフェオレベース!特に冷蔵庫保管なので、夏は重宝します。

 

カフェオレベースの作り方はとても簡単なので、早速トライしてみましょう。

今回は、ハンドドリップでカフェオレベースを作るレシピをご紹介します。

 

スポンサーリンク

カフェオレベースとはそもそも何?

カフェオレベースは、別名コーヒーシロップとも呼ばれるだけあって、とても甘いコーヒーのことです。

牛乳を入れるだけでカフェオレになる、いわばカフェオレの素みたいな飲み物のことです。

 

甘いカフェオレが好きな人は常備すべき

甘いカフェオレが好きな人は、カフェオレベースを冷蔵庫に常備しておくだけでかなり便利です。

ストックして長期保存もできるので、飲みたいときに好きなだけカフェオレを作ることができます。

 

カフェオレベースの作り方【必要な道具】

女性

カフェオレベースを作るのに必要な道具は以下の通りです。

コーヒーはインスタントでも大丈夫ですが、ちゃんとドリップして抽出したコーヒーのほうがおいしく作ることができます。

 

<必要な道具>

  • 抽出器具(ハンドドリップ)
  • お鍋
  • 保存容器

 

普段からハンドドリップをしている人は、特別に道具を買う必要はありません。

サイフォンやフレンチプレスなどを使っている人でも、もちろん大丈夫です。

 

カフェオレベースの作り方【材料】

コーヒー

カフェオレベースを作る際に必要な道具は以下の通りです。

 

<必要な材料>

  • コーヒー豆:20グラム(中煎り〜深煎り)
  • 砂糖:200グラム

 

これだけです。非常にシンプルです。

ちなみに砂糖にこだわってみるのもおもしろいと思いますよ。

お菓子作りが趣味の人は、砂糖の種類をいろいろ変えてみてください。

 

カフェオレベースのおすすめレシピと作り方

コーヒー

カフェオレベースを作る手順はとてもシンプルです。

難しいことはないので、気軽に作ってみてください。

今回は200ccのカフェオレベースを作るとします。(もっと少ない量、逆に多い量にする場合は材料を調整してください)

 

濃いめのコーヒーを淹れる

まずコーヒーを濃いめに淹れます。

いつものハンドドリップよりも濃くしますが、豆の量と抽出量で調整しましょう。

 

  1. コーヒー豆を20グラム用意する
  2. ハンドドリップで100cc抽出
  3. 二回に分けてドリップし、合計200ccのコーヒーを淹れる

 

コーヒー豆の量を増やし、抽出量を減らすことで濃いめのコーヒーを淹れることができます。

また100ccずつ二回に分けることで、コーヒーが薄くなりにくいです。

 

砂糖とコーヒーを煮る

コーヒーが出来上がったら砂糖と一緒に鍋で煮ましょう。

 

  1. コーヒーと砂糖を鍋に入れる
  2. とろみがつくまで煮る(火加減は弱火〜中火)

 

すぐに沸騰すると思うので、焦げないようにかき混ぜながら、ゆっくりと煮出していってください。

 

粗熱を取って容器に入れ、冷蔵庫で保存

煮出したら、粗熱を取って瓶などの容器に移しましょう。

保存容器はなんでも良いですが、密閉できるもののほうが良いです。

ちなみにウチでよく使う容器は、しっかり密閉できて使いやすいメイソンジャーです。

 

 

 

 

カフェオレベースの飲み方

カフェオレ

牛乳とまぜて飲んでください。

カフェオレベースはとても濃くて甘いのでコーヒーと牛乳は1:9、もしくは2:8ぐらいの割合で、牛乳を多めに使うようにしましょう。

甘すぎるときやもっと甘くしたい場合は、砂糖の量を調整すればOKです。

 

カフェオレベースの良いところ

女性

カフェオレベースの良いところは以下の通りです。

簡単に作れる割に、かなり重宝します。

 

長持ちする

砂糖を使うことによって、長期保存ができます。

はっきり賞味期限を決めることは難しいですが、目安は1ヶ月程度と考えてください。

長持ちする理由を詳しく知りたい人は、こちらの記事をどうぞ。(外部サイトです)

 

余ったコーヒー豆を消費できる

コーヒー豆が余ってしまった場合や、賞味期限内に使いきれない場合はカフェオレベースにしてしまいましょう。

また言い方は悪いですが、あまり好みではないコーヒー豆だった場合も、カフェオレベースにしてしまいましょう。

砂糖がたくさん入っていて煮出している分、味をごまかすことができます。

 

いつでも飲める

牛乳さえあれば、いつでもおいしいカフェオレベースを飲むことができます。

ふとカフェオレが飲みたいと思ったときにさっと作れるのは、カフェオレベースならではの良いところです。

子供も楽しめる

カフェオレベースは、とても甘くて美味しいので子供でもゴクゴク飲めてしまいます。

ただしカフェインや砂糖が入っているので、飲みやすいからといって飲みすぎには注意です。

 

カフェオレベースを常備しておきましょう

カフェオレベースは簡単に作れるので、とりあえずストックしておけばかなり便利です。

急な来客時でも、カフェオレベースは活躍します。

ちょっとした差し入れやプレゼントにも良いかもしれませんね。

カフェオレベースを常備して、いつでも美味しいカフェオレが飲めるようにしておきましょう。

 

コメント