アウトドア×手動ミルで最高のコーヒー。持ち運びにおすすめ3選も

キャンプ 便利な道具
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

アウトドアの季節、ちょっとひと息つきたい時にはコーヒーが便利。

インスタントももちろん良いんですけど、本格コーヒーを淹れられればよりアウトドアが楽しめます。

アウトドアと手動ミルは、相性ばっちりです。

 

【手動ミル×アウトドア】こんな人におすすめ

  • アウトドアやキャンプで、淹れたてのコーヒーを飲みたい
  • 荷物を増やしたくないけれど、本格コーヒーを淹れたい
  • 家でも使えるキャンプ道具、アウトドア用品が欲しい

 

スポンサーリンク

手動ミルはアウトドアで大活躍

アウトドア

手動ミルの良さは、アウトドアでもインドアでも大活躍してくれるというところ。

ゴリゴリとコーヒー豆を挽く時間、良い香りと共に楽しみましょう。

アウトドアに手動ミルを持っていくべき理由を、下記でご紹介していきます。

 

手動ミルを使った挽きたてコーヒーは、本当に格別です。

ぜひ外でも、こだわりの時間を存分に味わってみてください。

 

手動ミルは持ち運びが便利

アウトドア

手動ミルは基本的に、とてもコンパクトです。

荷物にならないのは、アウトドアやキャンプで大きなメリットですよね。

 

アウトドアでコンパクトさは正義

多くの手動ミルは、コンパクトな設計です。

もちろん小さいからといって、機能面に不安はありません。

リュックにサッとしまうことができるので、外に持ち運ぶのに不便はないでしょう。

 

挽きたては抜群のおいしさ

アウトドア

コーヒーは言うまでもなく、挽きたてが一番おいしいです。

手動ミルを持参すれば、外でも新鮮なコーヒーを楽しむことができます。

 

せっかく飲むならおいしいコーヒーを

せっかく外でコーヒーを飲むからこそ、おいしいコーヒーを飲みたいものですよね。

本格的なコーヒーは、家じゃないと淹れられないということはありません。

手動ミルで、家で飲むのと変わらないおいしいコーヒーを淹れましょう。

 

良い雰囲気が味わえる

アウトドア

軽視されがちですが、雰囲気も大切です。

インスタントコーヒーよりも本格コーヒーを豆から挽いたほうが、雰囲気が出るのは間違いありません。

 

コーヒーを挽くという行為は醍醐味のひとつ

コーヒー豆を手動ミルでゴリゴリ…。

この時間、好きな人にとってはたまりません。

ゆっくり挽く時間も良いし、だんだんとコーヒーの良い香りが立ち上ってくるのも。

ひと息つきたいとき、コーヒー豆を挽くのはとても良い時間の使い方になると思いますよ。

スポンサーリンク

 

手動ミルのデメリット

コーヒー

アウトドアで手動ミルを使うデメリットは、コーヒーにこだわらないのであればもっと簡単に済ますことができるということでしょうか。

 

さすがにインスタントコーヒーの手軽さには劣る

当たり前のことですが、さすがにインスタントコーヒーのほうが楽です。

お湯を入れて溶かすだけ、それには勝りません。

ただし、コーヒー豆を挽いて淹れたほうがおいしいのは間違いありません。

本格コーヒーを外で楽しみたいのなら、インスタントではなく、コーヒー豆からコーヒーを淹れるようにしてみましょう。

 

ちなみにインスタントコーヒーは、下記で紹介している「マウントハーゲン」がおすすめです。

 

 

アウトドアでコーヒーを楽しむのにおすすめの道具

コーヒー豆

外で豆を挽いてコーヒーを淹れるなら、道具は最小限かつ効率的なものを選ぶと良いでしょう。

おすすめ道具は「フレンチプレス」と「手動ミル」のみです。

このふたつと「お湯」「コーヒー豆」さえあれば、おいしいコーヒーが淹れられます。

 

フレンチプレスは、道具ひとつで安定したおいしいコーヒーを淹れられる優れもの。

 

フレンチプレスは道具ひとつでコーヒーが淹れられる

フレンチプレスでコーヒーを淹れるのに、特別な知識や技術は必要ありません。

誰が淹れても安定したおいしいコーヒーを淹れることができるので、初心者にも上級者にもおすすめできます。

 

また、アウトドアにおすすめの理由として「道具がひとつである」ということが挙げられます。

 

例えばペーパードリップの道具一式を持っていこうとすると、ドリッパーやペーパー、ケトルなどを準備する必要があり、どうしてもかさばってしまいます。

道具がひとつだけで済むフレンチプレスは、アウトドアでかなり活躍してくれますよ。

 

 

アウトドアにおすすめの手動ミル3選

コーヒー豆

手動ミルは複数のメーカーから発売されていますが、基本的には以下の3つをおすすめします。

どれも基本的な性能は十分なので、デザインや価格で選んでみてください。

 

【ハリオ】コーヒーミル セラミックスリム

手動ミルの定番とも言われているハリオのセラミックミル。

ぼくも持っているし、知り合いのコーヒー屋さんも使っています。

持ちやすく力を込めやすいので、スムーズにコーヒー豆を挽くことができます。

 

サイズ:幅150×奥行72×高220mm

 

 

【ポーレックス】セラミックミル

ポーレックスは非常に高性能。

少し値段は高いですが、持っておく価値アリです。

ちなみにぼくは、これも持っています。

 

サイズ:本体480×189mm(ハンドル込227mm)

 

 

【ポーレックス】セラミックコーヒーミル ミニ

もうひとつポーレックスから。

正直、一番のおすすめです(が、ぼくは持っていない)

コンパクトなので持ち運び便利、さらにハンドル部分も本体にくっつけて持ち運びできます

 

サイズ:本体480×132mm(ハンドル込170mm)

 

 

3つの手動ミルがアウトドアにおすすめの理由

コーヒーミル

おすすめした手動ミルは、もちろんインドアでも活躍しますが、アウトドアに最適でとてもおすすめ。

以下で理由を説明していきます。

 

コーヒー豆を入れるところに蓋がある

手動ミルの中には、蓋がないものが結構あります。

このような商品です。

 

【送料無料】カリタ 銅板ミル AC-1
FRESH ROASTER珈琲問屋 楽天市場店
¥ 5,875(2019/07/20 22:34時点)

 

おしゃれでかっこいいのですが、持ち運ぶとなると不便です。(大きいし)

 

どんなミルでもそうですが、コーヒーを挽けば必ずカスが溜まります。

コーヒーのカスがカバンの中に散らばるの、嫌ですよね。

またアウトドアで使うのに、蓋がないのはちょっと不衛生かもしれません。

なので手動ミルをアウトドアで使う場合、蓋があるものを選ぶことを強くおすすめします。

 

地面やテーブルに置かずに使える

上記で紹介した手動ミルは、基本的に床に置かずに使えます。

アウトドアやキャンプでは、足場がしっかりしていなかったりテーブルがない場合もありますよね。

そんな時、床に置かずに使える手動ミルはけっこう重宝するのです。

 

こんな感じで使います。

ポーレックスのミルの使い方動画を拝借しています。

 

これは良い! ポーレックス コーヒーミルミニ

 

コンパクトなので荷物にならない

アウトドアやキャンプを楽しむということは、たくさんの道具を持っているはず。

そんな中、かさばる荷物はできるだけ減らしたいものでしょう。

小さくて持ち運びしやすいもの、それに勝るものはありません。

 

性能がいいので普段使いもOK

アウトドアで活躍しても、普段ホコリをかぶってしまうのはちょっと可哀想ですよね。

日常生活でももちろん使える良い性能を持っているので、普段からどんどん使ってやってください。

 

アウトドアにおすすめの手動ミルは、持っておいて損はない

コーヒー豆

アウトドアで活躍する手動ミルは、もちろん普段使いもできます。

ひとつ持っておけば長く使えるので、ぜひひとつ持っておくことがおすすめです。

ぼくは電動ミルを主に使っていますが、アウトドアの時や時間があるときは、手動ミルでコーヒーを挽く時間を楽しんでいます。

持っておいて損はないので、ぜひお気に入りの手動ミルを探してみてください。

コメント