コーヒーのドリップで真ん中がへこむ理由と原因3つ!なぜ膨らまない?

ドリップ ハンドドリップの淹れ方
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハンドドリップで真ん中がへこむ!

コーヒーをハンドドリップで淹れる際、真ん中がへこんでしまうことはありませんか?喫茶店やカフェ、動画でハンドドリップの様子を見ていると、真ん中にお湯を注いでもぷくっと膨らんでいますよね。

なぜ自宅でハンドドリップしたら、真ん中がへこんでしまうのでしょうか?この記事では、コーヒーをハンドドリップした際に真ん中がへこんでしまう理由についてご紹介します。

また、真ん中がへこんでしまうのは良くないことなのかについても解説するので、自宅でのハンドドリップの参考にしてみてください。

ハンドドリップで真ん中がへこむ3つの理由

ハンドドリップでコーヒーを淹れる際、真ん中がへこんでしまう主な原因を3つご紹介します。それぞれの対処法も見ていきましょう。

1. お湯を注ぎすぎている

お湯を注ぐ量が多いと、真ん中がへこんでしまいます。ハンドドリップでは「細くお湯を注ぐ」「太くお湯を注ぐ」という言葉が用いられます。お湯の量が多めのことを「お湯が太い」と言い、量が少なめのことを「お湯が細い」と言います。

太くお湯を注いでしまうと、お湯の勢いが強いため、へこむ原因となってしまいます。特に淹れ始めは、お湯を細くするようにしましょう。優しく置くようにお湯を注ぐことがポイントです。ドリップの後半はコーヒーの成分はほとんど抽出されきっているので、お湯を太くするようにします。

そのため、淹れ終わりのドリッパーの真ん中がへこんでいても、多少は構いません。最初のうちはコーヒー豆をへこませないように、細くお湯を注ぐようにしましょう。

お湯の量をコントロールすることはとても難しいです。お湯を注ぐタイミングやスピード、量によって、出来上がりのコーヒーの味は随分変わります。

もしもヤカンなどでコーヒーをドリップしている際は、コーヒー専用のドリップポットの購入を検討してみてください。お湯が出る量をコントロールでき、丁寧にハンドドリップができるようになります。

2. コーヒー豆が浅煎り

コーヒー豆の焙煎度が浅煎りの場合、コーヒーがへこむことが多いです。焙煎されたコーヒー豆には炭酸ガスが含まれており、お湯を注ぐとその炭酸ガスが放出され、豆が膨らみます。ただしその炭酸ガスは浅煎りの状態では量が少なく、中煎り、深煎りになるにつれて量が多くなります。

特に極端に浅煎りのコーヒー豆は、膨らまないどころか、お湯を注ぐとへこんでしまう場合も多いです。へこんでしまうのは、コーヒー豆の特性です。その対処法としては、お湯の量をコントロールすることでしょう。

3. コーヒー豆の鮮度が悪い

焙煎されたコーヒー豆に含まれる炭酸ガスは、時間が経過すると共に抜けていきます。保存状態が悪かったり、コーヒー豆購入後1ヶ月以上経ったような状態であれば、膨らみにくく、またへこみやすくなってしまいます。

コーヒー豆は鮮度の良いものを買うことが大切です。鮮度の良いコーヒー豆にはたくさん炭酸ガスが含まれているので、お湯を注いだら膨らみやすくへこみにくいです。

またコーヒーはできるだけ、豆の状態で買うようにし、自宅でコーヒーを淹れる直前に挽くようにしましょう。コーヒー豆を挽いた状態は、空気に触れる面積が大きくなるため、劣化スピードが早くなります。

ハンドドリップで真ん中がへこむのは悪いこと?

ハンドドリップでコーヒー豆がへこんでしまうのは、あまり良いことではありません。コーヒーの成分を十分抽出できないまま、お湯がサーバーやカップに落ちてしまうため、味が薄かったりボディの弱いコーヒーになってしまいます。

また雑味もサーバーやカップに落ちてしまうため、渋みやえぐみがまで抽出してしまいます。ハンドドリップのコツは、渋みやえぐみなどの雑味をドリッパーの中に残すことです。

できるだけドリッパー内のコーヒー豆をへこませず、コーヒーの良い成分を存分に抽出できるように工夫してみましょう。

へこむ時は淹れ方やコーヒー豆を変えてみましょう

コーヒーをハンドドリップしていて、どうしても豆がへこんでしまうという時は、コーヒー豆の鮮度や状態、焙煎度を確認するようにしましょう。またドリップポットの購入を検討してみたり、ゆっくりお湯を注いでみることも試してみると良いかもしれません。

ハンドドリップは奥が深いですが、少しのコツを掴んでいけば、どんどんおいしいコーヒーが淹れられるようになります。ドリップをしていて真ん中がへこんでしまうという場合は、少し原因を探ってみてくださいね。

コメント