ハンドドリップで温度計、湯温計を使えばコーヒースキル上達

温度計 便利な道具
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

みなさんはハンドドリップでコーヒーを淹れるとき、ドリップポットのお湯の温度を測っていますか?

ドリップコーヒーは、極端にお湯の温度が低くない限り、なんとなくでもコーヒーを淹れることができます。でも、お湯の温度をちゃんと計ると出来上がりのコーヒーの味をコントロールすることに繋がるのです。

湯温計を使い出してコーヒー生活が一変しました!(おおげさ)

スポンサーリンク

温度計、湯温計を使えばハンドドリップスキル上達

コーヒー

ハンドドリップで湯温計や温度計を使っていないという人は、お湯の温度にも気を使ってみてください。湯温計、安いですよ。とりあえず持っておいても損はありません。

コーヒーは温度によって味が変わる

コーヒー

コーヒーを淹れる際の温度は、人によっては強いこだわりがあります。プロは1℃単位で調整していますが、基本的には80〜90℃ぐらいで調整されていますね。

浅ければ高く、深ければ低く

一般論ですが、浅煎りはお湯の温度を高く、深煎りであれば低い温度で淹れることが良いとされています。これは酸味や苦味を調整するためです。

コーヒー豆の個性を生かしたり、マイナスな要素をおさえるためにお湯の温度を調整します。

ちなみにぼくは90℃ぐらい。豆によって微調整することもあります!

お湯の温度をなぜ気にしなければいけないの?という人は以下の記事を参考にどうぞ!

おすすめの温度計、湯温計

コーヒー

温度計や湯温計は、正直なんでも良いと思います。温度を計るためだけのものなので、自宅で淹れる場合でもプロであっても、あえて高いものを買う必要はないでしょう。

機能としては、アナログとデジタルに分かれる程度です。

湯温を計る性能に大差はありませんが、アナログは湯温の変化が目に見えやすいです。対して温度が分かりやすいのはデジタルです。

これは完全に好みなので、どちらが良いということは断言できません。好きなほうを選べば良いと思います。

【カリタ】ドリップポット用サーモ

アナログの湯温計はこれ一択で十分じゃないかと思っています。とてもシンプルですが、湯温計なんてシンプルが1番です。値段も安いし、持っておいて損はないぐらいの商品。

クリップ式になっているので、ドリップポットに差し込んで、クリップで固定するだけで使えます。ハンドドリップの邪魔にもなりません。

イチオシ!これ使ってます

カリタ ドリップ用サーモ
FRESH ROASTER珈琲問屋 楽天市場店
¥ 1,036(2019/05/31 17:28時点)

【ドリテック】アラーム付き温度計

デジタルの温度計なら、ドリテックがおすすめです。アラーム付きで、目的の温度まで上がったらお知らせしてくれます。

またお料理全般にも使えるので、コーヒー以外でも活躍してくれるのも魅力。シンプルで値段も安いので、デジタルの湯温計を探している人はこちら一択でしょう。

温度調整機能付きのケトルも

ドリップポット

ドリップポット自体に温度調整機能が付いている優れものもあります。プロも愛用していますね。かなり便利だと思います。細かく正確に設定できるので。

正直、次にドリッポポットを買うなら温度調整機能付きのものかなと思ってます。

【ハリオ】V60 温度調整付き パワーケトル・ヴォーノ

湯温を1℃単位で調整できるケトル。ハリオのドリップポットと同じ注ぎ口なので、お湯の注ぎやすさも抜群。60〜96℃の範囲で温度設定ができます

空焚き防止機能や、15分間湯温を保つ機能など、細かい機能も嬉しいです。

【フェロー】スタッグ ボア オーバーケトル

見た目がおしゃれなので、プレゼントにも最適かも。

持ち手に重りがついていて、ハンドドリップの湯量コントロールや狙いを定めるのに役立ちます。少し変わった持ち手ですが、このデザインは手に持ちやすく馴染みやすいように設計されているからです。

このケトルは自動で温度調整してくれるのではなく、上部にアナログの温度計が付属しているだけです。なので、良いドリップポットと温度計をセットで買うか悩んでいる人向け

このドリップポット、本当に使いやすい。持ち手を握ったときのフィット感がすばらしく、お湯のコントロールが抜群にやりやすかったです。

体験させてもらっただけだけど、すぐに欲しくなりました。。

湯温計を使って湯温をコントロール

ハンドドリップに慣れてきたら、温度にはこだわるべきです。同じ味を安定して出すためにも、お湯の温度管理は重要なので、ぜひ湯温計を使うようにしてみてください。

またハンドドリップ初心者の人でも、最初から湯温計を使うことに慣れておくことをおすすめします。低すぎる温度や高すぎる温度だと、ドリップや味が安定しません。

湯温計自体は安いものなので、ぜひ揃えておくようにしてみてください。ドリップポットの購入も考えている人は、湯温調整機能付きのケトルも視野に入れてみましょう。

コメント