コーヒーは何時までが健康的?カフェインの持続時間はどれぐらい?

コーヒー 健康&ダイエット
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーの代表的な効果は、覚醒作用です。この効果のおかげで頭をすっきりさせたり、リフレッシュをすることができます。

でも覚醒作用のせいで、夜眠れなくなったり目が冴えてしまうことも。そもそもコーヒーは何時までに飲むことが良いのでしょうか?カフェインの持続時間は人によって異なる場合もありますが、一般的には2〜8時間と言われています

スポンサーリンク

コーヒーは何時までが健康的?

コーヒー

コーヒーは何時までに飲んでおくと健康的なのでしょうか?コーヒーの成分には健康効果をアップしてくれるものもありますが、飲み過ぎや寝る前のコーヒーは、睡眠の質を下げてしまいます。

当たり前のことですが、健康のためにはよく眠ることと、質の良い睡眠が必要です。コーヒーを飲むことによって睡眠の質が悪くなってしまうことがあるので、飲みや飲む時間には注意が必要です。

カフェインの持続時間は2〜8時間

カップ

コーヒーやお茶などに含まれているカフェインの効果は、2〜8時間の間とされています。かなり時間にばらつきがありますが、これは人によってカフェインの排出スピードが違うためです。

※カフェインの効果や持続時間については、今もなお研究が進められています。

人によってカフェインの持続時間は異なる

2時間程度でカフェインが抜けきるという人は、割と寝る前までコーヒーを飲んでも良いということになります。逆に8時間必要という人は、例えば晩御飯の後のコーヒーは我慢したり、デカフェにしたほうが良いと言えるでしょう。

しかし、自分の体のことながらカフェインの影響を測ることは難しいです。慢性的に睡眠不足という人や、寝つきが悪いという人は、夕方以降はカフェインを取らないようにしたほうが良いでしょう。

自分の体と相談しながら、コーヒーを飲んでください。カフェインはお茶や紅茶、チョコレートなどにも含まれているので夜はカフェインレスやデカフェなどで代用すると良いですね。

コーヒーを飲むベストなタイミング

コーヒー

いつコーヒーを飲めば、効果を実感できるのでしょうか?なんとなくコーヒーを飲んでいたという人は、少し飲むタイミングを意識してみてください。

運動の前(運動持続力向上や脂肪燃焼効果)

運動前にコーヒーを飲むと、カフェインの作用のおかげで筋肉の疲労度が下がります。ランニングや筋トレ、スポーツなどで少しでも長く運動を続けたいときは、運動の30分程度前にコーヒーを飲むようにしましょう。

またカフェインは脂肪燃焼効果も期待できます。そのため、ダイエットしたいという人は、有酸素運動の前にコーヒーを飲むと効果的です。

仕事や読書の前(集中力が上がる)

カフェインには覚醒作用があります。目の前の仕事に集中したいときや、読書などをする際、コーヒーをお供にすると効果的です。

食後(脂肪分解効果)

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、脂肪分解効果が期待できます。また胃酸の分泌を促進してくれるので、胃の調子を整えてくれることもあります。

逆に空腹時は、胃酸過多となってしまう場合があるので注意が必要です。またクロロゲン酸のサプリなどを別で取り入れている場合は、食後であっても控えたほうが良いこともあるでしょう。

仮眠の前(すっと起きられる)

昼寝をしたいけれど、長時間寝たくないというときは、仮眠をする前にコーヒーを飲んでおきましょう。30分程度でカフェインが効き始めるので、起きたいタイミングで脳が覚醒してくれます。

ただし人によってはカフェイン耐性ができてしまっている場合もあるので、効果が実感しにくいという人もいます。また慢性的な寝不足の場合は、睡眠欲のほうが勝ってしまうのでコーヒーを飲んでいても起きにくいこともあります。

コーヒーを飲んでも休憩したことにはならない【注意】

誤解されがちなのですが、コーヒーを飲んでも疲労は回復しません。カフェインによって一時的に覚醒作用が期待できますが、体力が回復することはないので勘違いしないようにしましょう。

コーヒーの眠気覚ましは一時的

仕事中などに役立つコーヒーの眠気覚ましの効果は、一時的です。確かに効果はありますが、それによって体力が回復したと感じないようにしてください。

体力を回復させるためには、やはり質の良い睡眠が大切です。そのためにも、夕方以降はできるだけコーヒーを控えるようにしてみてください。

長くても8時間以上あければ、カフェインは体から抜けるとされています。睡眠が足りていないと感じている人は、寝たい時間から逆算して8時間前からコーヒーやお茶を飲まないようにしてみましょう

ちゃんと眠れていない日が続いているという人は、コーヒーを飲む時間をコントロールしてみてください。

どうしても飲みたいときはデカフェやカフェインレスを

眠気

夜、どうしてもコーヒーが飲みたくなったらデカフェやカフェインレスを飲むことをおすすめします。カフェインの量が抑えられているので、眠れなくなる問題は解決するでしょう。我が家では、夜のコーヒータイムのためにデカフェを常備しています。コーヒー豆屋さんで買うデカフェ、最近はとてもおいしくなっていますよ。

それでもどうしてもカフェインが欲しいときは…素直に普通のコーヒーを飲んでも仕方がないです。ストレスを溜め込まないようにするのも、健康のために大事なことです。夜にコーヒーを飲んでほっとひと息するのも、たまには良いものですよね。

夜はコーヒーを控えましょう

コーヒーは寝る前から8時間前程度までにしておきましょう。コーヒーを飲むタイミングを調整することによって、眠りやすくなったり睡眠の質が上がるかもしれません。

特に慢性的に寝不足に悩んでいる人は、少しコーヒーを控えてみるのも良いです。カフェインの依存は思っているよりも低いもの。少しぐらい減らしても平気です。

コーヒーを飲むタイミングを上手に使うことによって、翌朝のコーヒーがもっとおいしくなりますよ。

コメント