【コーヒー用語】シナモンロースト

シナモンローストとは 用語
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

シナモンローストは、焙煎の度合い。

2番目に「浅い」焙煎で、などに使用される。

 

色がシナモンに似ていることから「シナモンロースト」と呼ばれる。

 

コーヒー豆の焙煎度は、細かく分類すると以下のように分けられる。

 

 

「シナモンロースト」は「浅煎り」に分類される。

 

酸味が強く、苦味やコクはほとんど感じられない。

カッピングで使われることが多いシナモンローストですが、浅煎りコーヒーが流行りの昨今は、お店で提供されることも多い。

 

おんど
おんど

コーヒーの「フルーティなフレーバー」を楽しめるのが、浅煎り。紅茶のような飲み心地や、キレのある酸味のコーヒーが飲みたいときにおすすめ。

 

 

コメント