【コーヒー用語】ゲイシャ種

ゲイシャ種とは 用語
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

「ゲイシャ種」はコーヒー豆の品種。

アラビカ種」からの派生品種で、エチオピア起源の珍しい野生品種。

パナマのオークションで注目を浴びたのち、コロンビアやコスタリカ、グアテマラでも栽培されるようになった。

 

収穫できる量が少なく高品質なため、高級なコーヒー豆の代名詞的存在になりつつある。

 

「花の香り」や「柑橘類」を思わせる味わいで、ファンが多いのが特徴。

 

アラビカ種からの派生品種は約200種類以上で、代表的な品種は以下の通り。

 

  

同じアラビカ種からの派生でも、それぞれ味や香りに個性がある。

 

おんど
おんど

覚えておきたいのは「ティピカ」「ゲイシャ」「ブルボン」です。ティピカやブルボンは飲んでる人が多いかもですが、ゲイシャは高級品種なのでちょっと高い。

 

コメント