【コーヒー用語】焙煎(ばいせん)

焙煎とは 用語
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

生豆の状態のコーヒー豆を「焼く」こと。

 

コーヒー豆は、コーヒーチェリーと呼ばれる果実の種。

元々は白色で、焙煎をすることで茶色い、一般的なコーヒー豆の見た目になる。

 

「焙煎」は大きく以下の3段階に分けられる。

 

 

中間の焼き加減である「中深煎り」という呼ばれ方もある。

 

またそれぞれの焙煎度を正式に小分けすると、以下のような名称になる。

 

 

コーヒーは、焙煎によって大きく味が変わる。

コーヒー豆本来の個性を出すこともできるし、狙った味を出すためには相応の焙煎技術が必要。

 

おんど
おんど

「焙煎」は「職人の勘」だけではなく、データや根拠に基づかれて焼く技術も大切です。経験だけが物を言う世界ではないのが、おもしろいところ。

 

 

コメント