【コーヒー用語】ロブスタ(カネフォラ)種

ロブスタ種 用語
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

「ロブスタ種」はコーヒーの3原種のひとつ。

「カネフォラ種」とも呼ばれる。

 

病虫害に強く、実が多く付くので栽培がしやすい。

 

苦味が強いため、インスタントコーヒーに「コーヒー感」を持たせるのに適している。

 

原産地コンゴ
豆の形丸形、大粒
栽培高度500〜1000m
香り・味苦味が強い

 

コーヒーの3元種は、以下の通り。

 

 

この3種類から派生して、様々な品種が存在します。

 

おんど
おんど

日本で飲まれているコーヒーの主流は「アラビカ種」です。インスタントコーヒーや安いブレンドコーヒーは「ロブスタ種」が使われます。

 

コメント