コーヒーの温め直しはレンジや湯煎で。温め方や保温する器具も紹介

コーヒー 基礎知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーを淹れて、温め直しをすることはありますか?

多めに淹れておいて後で温め直したり、淹れたコーヒーが冷めたら、もう一度温め直すこともありますよね。

 

おんど
おんど

後でもう一杯飲むから多めに淹れておこう…。

 

ぼく自身、面倒なときはこんなことを考えていました。

 

でも、温め直すと「淹れたて」よりちょっと味や香りが落ちてしまうことはありませんか?

 

結論から言えば、コーヒーを温め直すのはおすすめできません。

おいしく飲むなら、できれば飲む量だけ淹れたいもの。

 

でも、どうしても温め直すときは、これから紹介する方法を試してみましょう。

 

この記事でわかること
  • コーヒーの温め直しが良くない理由
  • コーヒーを温め直すときのコツや方法
  • コーヒーを保温する道具

 

ちなみに、これから紹介する方法だと、水出しコーヒーをホットにしたときにも役立ちます。

コーヒーを温め直すときや、水出しコーヒーをホットで飲みたいときは、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

コーヒーを温め直すのはおすすめできない

コーヒー

繰り返しますが、コーヒーは淹れたてが一番おいしいです。

そのため、温め直してコーヒーを飲むのは、正直あまりおすすめできません。

 

理由は単純で、おいしくなくなるから。

ではなぜコーヒーを温め直すと、おいしくなくなってしまうのでしょうか?

 

コーヒーを温めなおすのが良くない理由

コーヒー

コーヒーを温め直すと、以下のような理由でおいしくなくなってしまいます。

 

コーヒーの鮮度が落ちる

コーヒーは、鮮度がとても大切。

コーヒー豆よりも粉のほうが、粉よりも淹れたコーヒーのほうが、劣化が早くなります

 

コーヒーのおいしさの原則は「挽きたての淹れたて」です。

 

香りが抜けてしまう

コーヒーの香りも、鮮度と同じことが言えます。

豆の状態よりも粉にしたほうが香りが抜けやすく、淹れるとさらに香りが飛びやすく

 

さらに温め直すことによって、香りが逃げてしまいます。

 

特に浅煎りのコーヒーの場合は、果物のようなフレーバーが特徴。

そのフレーバーを大切にするためにも、できるだけ飲む分だけ淹れるようにしましょう。

 

コーヒーを温め直すときのコツ

コーヒー

コーヒーを温め直すときは、一気に温めずにゆっくりと温めなおすことがポイントです。

コーヒーは「急激な温度変化」によって、風味が飛びます。

 

もう一度温めたいというときは、面倒でもゆっくり温めなおすようにしてください。

 

湯煎で温める

1番のおすすめは、湯煎でコーヒーを温める方法です。

「サーバー」や「コーヒーカップ」を湯煎して、コーヒーを温め直してください。

 

風味が飛びにくいため、味や香りが損なわれにくいです。

 

ゆっくり湯煎して、飲みやすい温度までコーヒーを温めましょう。

 

  1. お湯を鍋で沸かす
  2. 耐熱のサーバーにコーヒーを入れる
  3. サーバーに入れたコーヒーを鍋で湯煎する
  4. 少しずつ温めてコーヒーの温度を確かめる(1分ごとぐらい)
  5. 適温になるまで温める

 

上記の手順で、ゆっくりと温めましょう。

一気に温めると風味が損なわれてしまうので、あくまでも少しずつがポイントです。

 

電子レンジで温める

電子レンジで温め直すのも、ひとつの方法です。

 

まず注意点は、電子レンジ対応のサーバーやカップを使うこと

中には電子レンジに対応していない器具もあるので、レンジ可かどうかは確認しましょう。

 

また、電子レンジの自動機能を使うことはおすすめできません。

一気に温まってしまったり、熱くなりすぎてしまう可能性があるからです。

 

できれば「500W」や「弱」程度でゆっくりと。

何度かコーヒーの温度を確かめながら、じっくり温め直してください。

 

直火はおすすめできません

直火でコーヒーを温め直すのは、おすすめではありません。

ガスコンロの火に直接かけてしまうと、底面の温度がとても高くなってしまいます

 

ゆっくり弱火にかけていたとしても、底面はとても熱くなりますよね。

全体が沸騰していないとしても、コーヒーの温度は場所によってどんどん上がります。

 

コーヒーの温度を保つ便利アイテム

カップ

コーヒーを温め直すのが嫌なときは、そもそもコーヒーが冷めないような道具を使ってみましょう

 

真空コンビニカップ

コンビニのカップを、そのまま入れられるタンブラーです。

保温性に優れているので、ゆっくりコーヒーを飲みたいときに活躍します。

 

またこのタンブラーの良いところは、冷たさもキープできるというところ。

 

保冷性に優れているので、ひとつ持っておけばホットコーヒーにもアイスコーヒーにも使えます。

車のドリンクホルダーにも入るサイズなので、とても汎用性が高いのが魅力。

 

 

真空ボトル

STANLEY(スタンレー)の真空ボトルは、高い保温性があります

温め直すとコーヒーの味が落ちますが、真空ボトルに入れておくと、風味の劣化を防いでくれます。

 

アウトドアにも使えるので、ひとつ持っておけばあらゆるシーンで活躍してくれますね。

もちろん、冷たい飲み物を入れても大丈夫です。

 

ボトル自体が熱くなったり冷たくなったりもしないので、持ち運びの際も安心できるでしょう。

 

保温・保冷時間の目安はホットは約3時間で、アイスコーヒーなら約4時間、氷自体は約16時間溶けない優れものです。

 

サイズ感もほどよく、コンビニコーヒーの「Sサイズ」程度です。

出かける前にコーヒーを淹れて、マイタンブラーとして持ち歩くことができますね。

 

 

コーヒーはできれば淹れたてを。温め直すならゆっくりと

ハンドドリップ

おいしさに関しては、淹れたてのコーヒーに勝るものはありません。

温め直すと、コーヒーの風味が落ちてしまうことは仕方がないです。

 

ですが、どうしても温め直すときは、湯煎でじっくりと。

 

時間がないときは、電子レンジで少しずつ温め直すようにしましょう。

ゆっくりコーヒーを温めることで、風味が飛ぶのを少しでも防ぐことができるので、ぜひ試してみてください。

 

コメント