コーヒーを温めるのはレンジや湯煎で。保温する道具もあります

コーヒー 基礎知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーを淹れて、温めなおすことはありますか?結論から言えば、コーヒーをもう一度温めるのはおすすめではありません。多めに淹れて後で温めなおしたり、出来上がったコーヒーが冷めたからもう一度温めたくなりますが、できれば一回で飲む量だけ淹れたいものです。

また水出しで抽出したコーヒーをホットにしたときは、電子レンジや湯煎で温めるのがおすすめです。「水出しコーヒーをホットで飲みたい気分」というときは、温め方を参考にしてみてください。

またコーヒーを温めなおさずに済むように、保温性のある道具を持っておくと便利です。できればもう一度温めることなく、おいしい状態でコーヒーを飲みましょう。

スポンサーリンク

コーヒーを温めなおすのはおすすめできない

コーヒー

コーヒーは淹れたてが一番おいしいです。そのため、温めなおしてコーヒーを飲むことは、正直あまりおすすめできません。理由は単純で、おいしくなくなるからです。ではなぜ温めなおしたコーヒーはおいしくなくなってしまうのでしょうか?

コーヒーを温めなおすのが良くない理由

コーヒー

コーヒーを温めなおすと、以下のような理由でおいしくなくなってしまいます。

コーヒーの鮮度が落ちる

コーヒーは、鮮度がとても大切です。豆よりも粉のほうが、粉よりも淹れたコーヒーのほうが劣化が早くなります。コーヒーのおいしさの原則は「挽きたての淹れたて」です。

さらに温めなおすことによって、鮮度はかなり落ちてしまいます。面倒かもしれませんが飲む分だけコーヒー豆を挽いて、淹れたてを飲むようにしましょう。

香りが抜けてしまう

コーヒーの香りも、鮮度と同じことが言えます。豆の状態よりも粉にしたほうが香りが抜けやすく、淹れるとさらに香りが飛びやすくなります。さらに温めなおすことによって、さらに香りが逃げてしまうのです。

特に浅煎りのコーヒーの場合は、果物のようなフレーバーが特徴です。そのフレーバーを大切にするためにも、できるだけ飲む分だけ淹れるようにしましょう。

温めなおしたいときのコツ

コーヒー

どうしてもコーヒーを温めなおしたいときは、一気に温めずにゆっくりと温めなおすことがポイントです。コーヒーは、急激な温度変化によって風味が飛びやすくなってしまいます。

少し面倒かもしれませんが、もう一度温めたいというときはゆっくり温めなおすようにしてください。(それなら1杯ずつ淹れるほうが面倒じゃないかもしれませんが…)

どうしても温めたいときはどうすれば?

サーバー

1杯ずつ淹れるのが面倒なときや、水出しコーヒーを温めたいときは、以下の方法で試してみてください。

湯煎で温める

1番のおすすめは、湯煎でコーヒーを温める方法です。サーバーやコーヒーカップを湯煎して、コーヒーを温めなおしてください。

風味が飛びにくいため、おいしさが損なわれるのを最小限にとどめることができます。ゆっくり湯煎して、飲みやすい温度までコーヒーを温めてみてください。

  1. お湯を鍋で沸かす
  2. 耐熱のサーバーにコーヒーを入れる
  3. サーバーに入れたコーヒーを鍋で湯煎する
  4. 少しずつ温めてコーヒーの温度を確かめる(1分ごとぐらい)
  5. 適温になるまで温める

上記の手順で、ゆっくりと温めましょう。一気に温めると風味が損なわれてしまうので、あくまでも少しずつがポイントです。

電子レンジで温める

電子レンジで温めるのもひとつの方法ですが、湯煎ほど良い方法ではありません。しかし適度に温めると、できるだけ風味が飛ぶのを防ぐことができるでしょう。

注意点は、電子レンジ対応のサーバーやカップを使うことです。中には電子レンジに対応していない道具もあるので、使ってもよい素材かどうか確認してから、温めるようにしてください。

電子レンジの自動機能を使うことはおすすめできません。一気に温まってしまったり、熱くなりすぎてしまう可能性があるからです。

できれば「500W」や「弱」程度でゆっくりと。何度かコーヒーの温度を確かめながらじっくり温めてください。

直火はおすすめできません

直火でコーヒーを温めなおすのは、あまりおすすめできません。直接ガスコンロの火にかけてしまうと、底面の温度がとても高くなってしまいます。ゆっくり弱火にかけていたとしても、底面にあるコーヒーは常に熱い状態にあるということです。

全体が沸騰していないとしても、コーヒーの温度は場所によってどんどん上がって、その部分の風味はたちまち飛んでしまうでしょう。

コーヒー全体が温まる頃にはすっかり香りや味が落ちてしまっています。特に沸騰までさせてしまったら、完全にコーヒーのおいしさは抜けてしまっていると考えてください。

コーヒーの風味が落ちるだけでなく、焦げたような匂いがついてしまう場合もあります。もはやおいしいコーヒーとは言えません…直接火にかけるような温め方はしないようにしましょう。

コーヒーの温度を保つ便利アイテム

カップ

コーヒーは温かいうちに飲みたいものですが、ゆっくり飲みたいものでもあります。温めなおすのが嫌なときは、そもそもコーヒーが冷めないような道具を使ってみましょう

真空コンビニカップ

コンビニのカップをそのまま入れられるタンブラーです。保温性に優れているので、ゆっくりコーヒーを飲みたいときに活躍するでしょう。

またこのタンブラーの良いところは、冷たさもキープできるということです。保冷性にも優れているので、ひとつ持っておけばホットコーヒーにもアイスコーヒーにも使えます。車のドリンクホルダーにも入るサイズなので、とても汎用性が高くおすすめです。

真空ボトル

STANLEY(スタンレー)の真空ボトルは、高い保温性があります。温めなおすとコーヒーの味が落ちますが、真空ボトルに入れておくことによって風味の劣化をある程度防いでくれるでしょう。

アウトドアにも使えるので、ひとつ持っておけばあらゆるシーンで活躍してくれます。もちろん冷たい飲み物を入れても大丈夫です。ボトル自体が熱くなったり冷たくなったりもしないので、持ち運びの際も安心できるでしょう。

保温・保冷時間の目安はホットは約3時間で、アイスコーヒーなら約4時間、氷自体は約16時間溶けない優れものです。夏も冬も活躍してくれますよ。

サイズ感もほどよく、コンビニコーヒーのSサイズ程度です。出かける前にコーヒーを淹れて、舞タンブラーとして持ち歩くことができますね。

ぼくもイベント出店の際は、スタンレーのボトルに沸騰したお湯を入れ、お湯を沸かす時間短縮に使っています。温かい状態をかなりキープできるので、出店の際の必需品になっています。

できれば淹れたてを飲むようにしましょう

淹れたてのコーヒーに勝るものはありません。温めなおすと、コーヒーの風味が落ちてしまうことは仕方がないことです。時間の経過とともにコーヒーのおいしさや香りはどんどん失われていくので、できるだけ淹れたてを飲むようにしましょう。

どうしても温めるときは、湯煎でじっくりと。時間がないときは電子レンジで少しずつ。直火はNGです。ゆっくりコーヒーを温めることで、風味が飛ぶのを少しでも防ぐことができます。

コメント