コーヒーがお湯の温度で味が変わる3つの理由。適温はどれぐらいの湯温?

沸騰 豆知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒーはお湯の温度で味が変わります

コーヒーを淹れる際、お湯の温度には気を使っていますか?なんとなく沸騰したお湯でコーヒーを淹れているという人は、少し湯温に気を使ってみるのもおもしろいですよ。

コーヒーの抽出条件としてお湯の温度は、味を決めるとても大きな役割をしていると考えられています。この記事では、お湯の温度によってコーヒーの香味が変わる理由や、おすすめの湯温についてご紹介します。

基本的なお湯の温度

コーヒーを淹れる際、基本となるお湯の温度は80〜95℃の範囲内とされていることが一般的です。その範囲の中で微調整することによって、コーヒーから抽出される成分の量が変わってきます。

お湯の温度でコーヒーの味が変わる3つの理由

湯温を調整することで、なぜコーヒーの味が変わるのかを見ていきましょう。

1. 成分の抽出され方が変わる

コーヒーは、お湯の温度によって成分の抽出のされ方が変わってきます。高すぎる湯温(95℃以上ぐらい)では雑味が多く出てしまい、低すぎる湯温(80℃以下ぐらい)では成分が十分に抽出できません。コーヒーのおいしい成分を十分に引き出すためには、適切な温度の範囲内で抽出することがポイントとなっています。

2. 高温では苦味が強くなる

高温で淹れることによって、コーヒーの苦味成分が抽出されやすくなります。コーヒーの苦味が苦手という人や弱めの苦めが好きという人は、湯温を少し低めにして抽出するようにしましょう。

3. 低温では酸味が強くなる

厳密に言えば、低温で淹れることによって酸味の成分自体が強くなる訳ではありません。酸味は温度によって抽出される影響が少なく、高温でも低音でも抽出される酸味の成分は変わりません。

ではなぜ低温では酸味が強く感じるかと言うと、高温で淹れることによって苦味が強くなるため、酸味が隠れてしまうことが理由です。

お湯の温度の調整方法

ティファールやバルミューダなどの電気ケトルを使用する人やヤカンでお湯を沸かしている場合は、沸騰させたお湯をドリップポットに移すことによって、それだけでお湯の温度が下がります。95℃近くまで下がりますが、一度サーバーに沸騰させたお湯を淹れてドリップポットに移すことで、さらに適度な温度に近づけることができます。

ドリップポットに水を淹れ、そのままお湯を沸かしているという人は、少し冷ます必要があります。沸騰したら水を少し足して、お湯の温度を下げてあげましょう。別でお湯を沸かすときと同様、サーバーに一度移すのもひとつの方法です。サーバーにお湯を移すことで、サーバーを温める効果もあります。

湯温計を購入するのもアリ

細かく湯温を知りたいという場合は、湯温計を購入しましょう。湯温計は比較的安く手に入ります。またお湯の温度を測る際は、しっかりとポット内のお湯を混ぜて測ってください。ドリップポット内の上部と下部では、お湯の温度が違う可能性があります。

Kalita(カリタ) ミルクフォーマー用 サーモN 64224
ホワイトハウス楽天市場店
¥ 1,142(2019/05/30 15:12時点)

焙煎度で湯温を変える(浅高深低)

コーヒーを淹れる際のお湯の温度は「浅高深低」がおすすめとされています。「浅い焙煎なら高い湯温、深い焙煎なら低い温度」という意味です。お湯の温度にこだわるなら、焙煎度によって湯温を調整してみましょう。浅煎り、中煎り、深煎りそれぞれでおすすめの湯温をご紹介します。あくまでも目安になりますが、基準として好みの味の参考にしてみてください。

  • 浅煎り:90〜95℃
  • 中煎り:85〜90℃
  • 深煎り:80〜85℃

1℃単位ではなく、5℃単位としています。1℃単位では湯温の設定が細かすぎるため、調整が面倒になってしまいます。湯温に気を使いすぎるのも疲れてしまうので、ある程度の範囲内で調整するようにしてください。

お店によって焙煎の表記方法は異なる

焙煎度合いの表記方法は、お店によって異なります。浅煎り、中煎り、中深煎り、深煎りなどには、明確な定義付けがないためです。Aというお店で売っている深煎りのコーヒー豆は、Bのお店だと中深煎りや中煎りに分類されている場合もあります。

このような場合もあるので、一概に上記の湯温が間違いないと言い切ることはできません。

湯温をコントロールして個性を出すこともできる

湯温によって酸味や苦手をコントロールできるということは、コーヒーの湯温を利用して、コーヒー豆の個性を出すこともできます。深煎りは低めの温度で…と上記でご紹介しましたが、例えば逆に、深煎りのコーヒーをあえて高温で抽出することによって、苦味やボディを強調させることができます。

この湯温設定はとても理に適っている方法で、コーヒー豆の個性を十分に引き出すような淹れ方と感じました。「COFFEE WORLD/カズマックスのコーヒーワールド」さんというYouTubeチャンネルで解説されていますので、参考にしてみてください。

【検証】お湯の温度で味は変わる。コーヒードリップには温度計を!

お湯の温度を調節して抽出してみましょう

お湯の温度によってコーヒーの味は変わるということをご紹介しましたが、細かく考えすぎないことが大切です。季節や体調によっておいしいと感じる度合いは変わりますし、最適とされるお湯の温度も変わります。

自分好みのコーヒーの味を見つけるためにお湯の温度を利用することは良いですが、縛られすぎないようにしましょう。良いコーヒーはさっと淹れてもおいしいものです。難しく考えて淹れるコーヒーよりも、気楽に淹れたコーヒーのほうがおいしい場合もあるし、淹れるのも楽しくなります。

せっかくコーヒーを淹れて飲むなら、楽しく淹れておいしく飲んでみてくださいね。お湯の温度がそのひとつの手助けになればと思います。

コメント