フレンチプレスは一番簡単な美味しいコーヒーの淹れ方。その理由は?

フレンチプレス フレンチプレスの道具
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

できるだけ簡単で、初心者でもおいしいコーヒーを家で飲みたいという人には、フレンチプレスが1番おすすめです。

道具さえあれば、誰にでも簡単においしいコーヒーを淹れることができます。

 

 

フレンチプレスにハマる。というか金属フィルターがイケてるのかも。ばっちりレシピできたらヘビロテ確定。

油分と豆の個性が出るし、なにより簡単

いつとは9割ペーパードリップだけど、たまに違う淹れ方したら楽しいですね。フレンチプレスは普段ペーパードリップ派の人たちにも試してほしい。

 

普段はペーパードリップでコーヒーを淹れているという人も、たまにはフレンチプレスで淹れてみてるのも良いと思いますよ。

 

 

スポンサーリンク

簡単で美味しいコーヒーの入れ方はフレンチプレス

コーヒー

フレンチプレスでのコーヒーの淹れ方はとても簡単ですが、間違いのない味のコーヒーを淹れることができます。

簡単とはいえ、カフェやコーヒースタンドなどプロも使っている抽出方法なので、意外と本格派です。

以下ではフレンチプレスの魅力についてご紹介します。

 

 

フレンチプレスが簡単さナンバーワンの理由

フレンチプレス

フレンチプレスは、数あるコーヒーの淹れ方の中でも間違いなくナンバーワンの簡単さです。

なぜ簡単なのかは以下の通りです。

 

味が安定する

フレンチプレスは、毎回同じ味のコーヒーを淹れることが簡単です。

ハンドドリップを経験したことがある人は想像しやすいと思いますが、コーヒーは淹れる人や技術によって味が変わります。

これはハンドドリップのおもしろいところでもありますが、逆に言えば難しいポイントでもあります。

フレンチプレスは、お湯を注いで待つだけなので誰が淹れても味が安定します。

毎回同じ味を出すことができるので、初心者でも自身を持ってコーヒーが淹れられるでしょう。

 

絶対失敗しない

フレンチプレスは、まず失敗することはありません。

淹れ方さえ覚えてしまえば、コーヒー初心者であってもおいしいコーヒーが淹れられます。

例えばコーヒーの豆の量が少なかったり多かったりすると味が変わる可能性はありますが、それはその都度調整すれば良いです。

基本的な分量さえ分かっていれば、絶対失敗しないと断言できます。

 

道具が安い

フレンチプレス自体は、3000円程度で買うことができます。

揃える道具はフレンチプレスひとつなので、かなり安く本格的なコーヒーの世界に入ることができます。

道具が多いと、何から揃えて良いか、どれぐらいお金がかかるのかわからないものですよね。

もちろん安いフレンチプレスでも性能に問題はありません。

 

おすすめはハリオのフレンチプレスです!

 

 

フレンチプレスで淹れるコーヒーの特徴

フレンチプレス

本格的なコーヒーが楽しめるフレンチプレスは、他の抽出器具とは違う魅力を持っています。

 

コーヒー豆の個性が感じられる

コーヒーは、産地によって香りや味が変わります。

フレンチプレスで淹れたコーヒーは、豆の個性を十分に感じることが魅力です。

個性…と言われても難しいかもしれませんが、要するにコーヒー豆本来の味わいを楽しむことができるということです。

豆にもよりますが、コーヒーに詳しくないという人でも、違いがはっきり分かると思いますよ。

 

コクや甘味がある

フレンチプレスは、浸漬式と呼ばれる抽出方法です。

浸漬式はその名の通り、コーヒーの粉をお湯に浸して抽出する方法です。

じっくりと浸してコーヒーの成分を抽出することで、コクや甘味を十分に感じることができます。

 

まろやかな口当たり

フレンチプレスの大きな特徴は、フィルターが金属ということです。

金属のフィルターは、口当たりがまろやかになることが特徴です。

そのまろやかさの秘密は、コーヒーオイル。

コーヒー豆には元々油分が含まれていて、フレンチプレスではその油分を余すところなく抽出してくれます。

そのオイルのおかげで、口に含んだときにまろやかな味わいを感じることができます。

 

フレンチプレスの弱点はコーヒー豆の微粉

コーヒー

コーヒー豆を挽いて粉状にすると、細かい粉が紛れてしまいます。

フレンチプレスはフィルターの目が粗いので、その微粉が出来上がったコーヒーに入ってしまうことがあります。

体調が悪くなるわけではないのでさほど気にする必要はありませんが、微粉の量によってはざらざらとした口当たりになるかもしれません。

 

フレンチプレスの次に簡単なのは?

コーヒー

フレンチプレスで淹れたコーヒーはおいしいですが、もっと本格的にコーヒーを淹れてみたいという人は、ハンドドリップにしましょう。

ハンドドリップは奥が深いので、コーヒーを淹れるのが上手になりたいという人に向いています。

フレンチプレスほど安くはありませんが、全ての道具を揃えても1万円以内で収まるでしょう。

 

 

フレンチプレスで簡単に美味しいコーヒーを

フレンチプレスは本格的なコーヒーの味わいを楽しめる方法です。なおかつ道具もひとつだけ、しかも安いです。

コーヒーを淹れたことがない人にも自信を持っておすすめできますが、ハンドドリップなどでコーヒーを淹れていたという人にもおすすめです。

同じコーヒー豆でも淹れ方によって味は大きく変わります。

ひとつフレンチプレスを持っていれば、コーヒー生活がもっと楽しくなると思います。

 

コメント