ハンドドリップとは?魅力や必要な道具を知って、もっと美味しく

バリスタ ハンドドリップの道具
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーを趣味として始めたいのなら、ハンドドリップがおすすめです。

ハンドドリップは手軽に始められる上に奥が深いため、どんどんハマる人も多いコーヒーの淹れ方です。

スポンサーリンク

ハンドドリップでおいしいコーヒーを飲みましょう

コーヒー

カフェや喫茶店で飲むコーヒーは美味しいけれど、自宅でも入れたての美味しいコーヒーを飲んでみたいですよね。

 

自宅で気軽においしいコーヒーを飲むのには、ハンドドリップがおすすめです。

 

ハンドドリップは日本では最もポピュラーなコーヒーの入れ方で、多くの喫茶店やカフェでも採用されている抽出方法。

 

この記事ではハンドドリップの魅力や、コーヒーを抽出するのに必要な器具をご紹介します。

 

ハンドドリップとは?

コーヒーの抽出方法のひとつであるハンドドリップとは、簡単に言えばコーヒーの粉をお湯で漉(こ)してコーヒーの成分を抽出する方法のことです。

 

ハンドドリップの「ハンド」は人間の手のこと、「ドリップ」とはコーヒーの粉にお湯を通すことです。

つまりハンドドリップとは、人間の手を使って行うコーヒーの粉にお湯を通す抽出方法のことを言います。

 

透過式と浸漬式

ハンドドリップでコーヒーを抽出する方法は「透過式(とうかしき)」と呼ばれています。

 

「透過式」に対し「浸漬式(しんせきしき)」という抽出方法もあります。

「浸漬式」の中でも代表的な抽出方法は「サイフォン」が有名でしょう。

「透過式」がコーヒーの粉を「通す」ことに対して「浸漬式」はコーヒーの粉をお湯に「浸して」コーヒーの成分を抽出します。

 

ペーパードリップとネルドリップの違い

ハンドドリップには「ペーパードリップ」と「ネルドリップ」があります。

 

それぞれ名前の通り「ペーパードリップ」は「紙」のフィルター、「ネルドリップ」は「布」のフィルターを使ってコーヒーを抽出する方法です。

 

ネルドリップで入れるコーヒーにはペーパードリップとはまた違う味わいがあります。

ひとまずこの記事では「ペーパードリップ」でのハンドドリップの魅力についてご紹介します。

 

 

コーヒーをハンドドリップで抽出する3つの魅力

ドリップ

コーヒーをハンドドリップで抽出する魅力を、3つご紹介します。

インスタントコーヒーやコーヒーメーカーよりも手間がかかるけれど「わざわざハンドドリップでコーヒーを入れたくなる魅力」について見ていきましょう。

手軽に美味しいコーヒーが飲める

ハンドドリップは、誰にでも簡単に入れられる抽出方法です。

ハンドドリップをしたことがない人にとっては難しいと感じるかもしれませんね。

でも実は、難しいことを考えなくても抽出することができます。

 

極端な話、コーヒーの粉にお湯を通すだけ。

道具さえあれば、初心者でもコーヒーを抽出することは可能です。

 

コーヒーが抽出される時間を楽しめる

ハンドドリップは、ゆっくりお湯を注いでコーヒーを抽出していきます。

コーヒーを入れる時間をゆっくり楽しむことができるのは、ハンドドリップの魅力のひとつと言えるでしょう。

 

ハンドドリップでコーヒーを入れている間は、コーヒーを抽出することに集中します。

丁寧にコーヒーを抽出している間、良い香りと共にその時間を楽しんでみてください。

 

コーヒーの味をコントロールできる

ハンドドリップは、初心者でも挑戦することができますが、上級者にも愛されています。

その理由は、出来上がりのコーヒーの味をコントロールすることができるからです。

 

フレンチプレスやサイフォンといった他の抽出方法に比べ、入れ方や人によって大きく味わいが変わります。

そのコントロールの難しさや楽しさこそ、ハンドドリップの魅力のひとつです。

 

ハンドドリップは簡単に誰にでもコーヒーが抽出できる方法ですが、その一方で奥が深く、入れる人によって味わいが変わります。

同じコーヒー豆を使っても、自分が入れたコーヒーと家族に入れてもらったコーヒーでは、不思議と味が変わってくるものです。

 

スポンサーリンク

 

コーヒーのハンドドリップに【必要な】器具3つ

ドリッパー

コーヒーをハンドドリップで抽出するためには、最低限3つの道具や器具が必要です。

 

コーヒー豆

コーヒーの抽出に欠かせないのが、コーヒー豆です。

できるだけ焼きたてのコーヒー豆を買うことがポイント。

コーヒー豆は農作物なので、新鮮なコーヒー豆のほうが間違いなく美味しいです。

 

焙煎してから1ヶ月以内に豆を使い切るようにすれば、鮮度を保ったままおいしく飲むことができます。

 

ドリッパー

ドリッパーは、コーヒーの味を大きく左右します。

ハリオやコーノ、カリタ、メリタといったメーカーが有名で、世界中の多くのバリスタに愛用されています。

 

ドリッパーによってどのような特徴があるのかは、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

ドリップペーパー(ペーパーフィルター)

ドリップペーパーは「ペーパーフィルター」とも呼ばれます。

 

ドリッパー専用のものを使用することが原則です。

専用のペーパーを使用しなければ、正しく抽出できなかったり、美味しいコーヒーが抽出できない原因となってしまいます。

 

 

コーヒーのハンドドリップに【あれば便利な】器具6つ

コーヒーのハンドドリップには、必要最低限コーヒー豆、ドリッパー、ドリップペーパーがあれば足りますが、あったら便利な器具を6つご紹介します。

 

ドリップポット(コーヒーポット)

ドリップポットは「コーヒーポット」とも呼ばれ、コーヒーを入れるのに最適な形をしたポットのことです。

たくさんの種類のドリップポットがあり、特徴や魅力も様々なので、どれを選んで良いか迷うことでしょう。

 

ドリップポットと呼ばれる器具は、お湯の注ぎ口が細くなっており、ヤカンなどと違いお湯が細く出るようになっています。

 

ハンドドリップをする上で、細くゆっくりとお湯を出すことは、ひとつのポイントになるからです。

実際に注いでみないと使いやすさは分からないものですが、購入の際のポイントとしては2つあります。

 

  1. ドリップポットは程よい容量のものを選ぶ
  2. 熱電の対応を調べる

 

まずひとつめは、容量です。

あまりにも大きい容量のものを買ってしまったら、ハンドドリップの際にお湯のコントロールが難しくなってしまいます。

大きなドリップぽっとに満タンのお湯だと、重くて持つ手が震えて注湯が定まらない…ということもあるでしょう。

たくさんの人数にコーヒーを提供する際も、大きすぎるドリップポットは避けてください。

容量の目安は「800〜1000ml」としましょう。(約2杯分淹れることができます)

 

また、熱電の対応を調べておくことも非常に重要です。

家のコンロがIHコンロにも関わらず、IH非対応のドリップポットを買ってしまっては使いたくても使えませんよね。

 

 

サーバー

サーバーとは、ドリッパーから落ちてきたコーヒーを受ける器のことです。

ハリオやカリタなどのサーバーにはメモリがついているので、おおよその分量を見ながらハンドドリップをすることができます。

 

1杯分の抽出なら、コーヒーカップにドリッパーを乗せてそのままハンドドリップしてしまっても良いですが、複数杯のコーヒーを作る際にはサーバーが必要になります。

もちろんコーヒー専用のサーバーでも、ドリッパーと同じメーカーのサーバーでも、ビーカーのようなおしゃれな器でも問題ないです。

 

 

軽量スプーン(メジャースプーン)

計量スプーンは、コーヒーの粉量を測る時に使います。

コーヒーを入れるときは、できるだけしっかりコーヒーの粉の量を測りましょう。

 

 

スケール(測り)

コーヒー豆は焙煎度によって、一粒の大きさが異なります。

そのため、同じスプーン山盛りにしたとしても、浅煎りと深煎りではグラムが変わるのです。

軽量スプーンで豆をすくい、目的のグラム数になるまでスケールで微調整しましょう。

 

一般的には14〜20gの間で設定してあるお店が多いですが、入れ方や豆の焙煎度などにもよって変わってきます。

何gが良いのかは、お店の人に尋ねてみると良いでしょう。

それを基準に、自分流にコーヒー豆の量を調整するのもおもしろい実験です。

  

 

湯温計

お湯の温度を測るための湯温計を用意しておくのもよいでしょう。

 

ぼくがハンドドリップでコーヒーを入れる際は、電気ケトルからドリップポットにお湯を移し、そこに水を入れて冷まします。

だいたい85度ぐらいの湯温が、ぼくにとっての適温です。

 

 

ミル(グラインダー)

美味しいコーヒーを飲む一番のコツとも言えるのが「挽きたてを飲む」ということです。

 

ミル(グラインダー)を持っていれば、コーヒー豆を買ってきて、使う分だけ自宅で挽き、美味しいハンドドリップをすることができます。

 

コーヒー豆は、豆そのままではコーヒー成分が出てきてくれません。

コーヒー豆をミルで細かく砕くことで、コーヒーの細胞にお湯が入りやすくなるのです。

ミルには手動のものから電動のものまで、多種多様な器具が揃っています。

 

 

ハンドドリップで美味しいコーヒーを飲みましょう

コーヒー豆

ハンドドリップは、美味しいコーヒーを手軽に入れることができる方法です。

自宅で美味しいコーヒーを飲むためにも、ハンドドリップの基本をマスターしてみてください。

 

とはいえ、あまり考えすぎたり凝り固まった考えを持たないようにしましょう。

 

基本のポイントさえ押さえておけば、美味しいコーヒーはできあがります。

気軽な気持ちで、ハンドドリップを楽しんでみましょう。

 

 

コメント