初心者にもおすすめのドリップケトル「雫」で快適にコーヒーを淹れる

コーヒー ハンドドリップの道具
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーをハンドドリップするのに欠かせないのが、ドリップケトルです。ドリップケトルはドリップポットやコーヒーポットとも呼ばれます。

今回ご紹介するのは、ドリップ初心者にもおすすめのドリップケトル「雫(しずく)」です。丁寧なハンドドリップをすることができるので、初心者はもちろん、ハンドドリップに慣れた人にもおすすめできます。

良いドリップケトルを使うことによって、ハンドドリップの腕は格段に上がります。ハンドドリップにこだわりを持っている人のほとんどは、それぞれ愛用のドリップケトルを持っています。

スポンサーリンク

初心者にもおすすめのドリップケトル「雫」

コーヒー

ドリップケトル「雫」は「タカヒロ」というメーカーのものです。初心者におすすめできる理由は、湯量をコントロールしやすいところにあります。

雫の特徴は注ぎ口がとても細く、点滴にようにお湯を注ぐこともできます。ぼくは1回目の注湯のとき、まず点滴でお湯を注ぎ、徐々にお湯の量を増やしていっています。

お湯を細く丁寧に注ぐことができる

コーヒーカップ

ハンドドリップをする際は、お湯を細く、丁寧に注ぐことがポイントです。コーヒーの層を崩さないようにするため、ドバッとお湯を注がないようにしましょう。ヤカンなどでドリップをしないほうが良いのは、お湯が多く出すぎてしまうからです。

置くようにお湯を注ぐことがドリップのコツ

ドリッパーにセットしたコーヒーの粉に対し、お湯をゆっくり置くように注ぐことがハンドドリップのコツです。

雫はとても細くお湯を注げるので、コーヒーの層を崩したりくぼませずにお湯を注ぐことができます。

タカヒロ ドリップポット「雫」と通常品を比べてみました。

狙ったところにお湯を落とせる

マグカップ

ハンドドリップのポイントは、狙ったところにお湯を落とすことです。真ん中にお湯を注ごうと思っても外れてしまったということは、みなさんが経験することです。雫の良いところは、狙ったところにお湯を注ぎやすいというところです。

ドリップのコツは真ん中から「の」の字

ハンドドリップでよく言われるコツのひとつとして、真ん中から「の」の字を書くようにしてお湯を注ぐということが言われています。これはコーヒーの層を作りながら、良い成分だけを抽出するためです。

ドリップケトルによっては、真ん中にお湯を注ごうと思っても、なかなか狙いが定まらないことがあります。良いドリップケトルを使えば、自分の思ったところにお湯を落としやすいので、ハンドドリップが上手にできるようになります

ドリップ初心者におすすめの理由

コーヒー豆

雫は、ハンドドリップ初心者におすすめできるドリップケトルです。その理由は細くお湯が注げることと、一気に出るお湯の限界量が決まっていることです。

ドリップに慣れていない人の多くの悩みは、お湯のコントロールがうまくいかないということでしょう。「雫」は思いっきりお湯を注ごうとしても、一気に出るお湯の量が少ないので必然的に丁寧なハンドドリップができます

実際に「雫」を愛用した感想

コーヒーの笑顔

雫を使う前は、ハリオのドリップポットを使っていました。今でも自宅にありますし、長く愛用していたポットです。正直普通にドリップするのに不便はありません。値段の割にとても優秀なドリップポットだなと感じていました。

お湯を垂直に落とせる

それでも雫の購入を検討し始めたのは、もっとお湯を細く注ぎたいと思ったからです。特にお湯の注ぎ始め。どうしても注ぎ始めはお湯が出すぎてしまったり、狙ったところにお湯を落とせないと感じていました。

雫にしてからはその問題は解消です。ケトルの先端から真下にお湯が落ちるので、抜群にコントロールしやすいです。

味のコントロールが多彩になった

丁寧に細い湯量でハンドドリップすることで、コクを出すことができるし、湯量を多くしてさっと淹れることでさっぱりとしたコーヒーを淹れることができるようになりました。

コーヒー豆や季節、体調によって淹れ方を微調整していますが、味のコントロールができるようになったのは大きいです。もちろん他のドリップケトルでもコントロールはできます。しかしお湯の出る量が限られている雫は、必然的にお湯が出る量の範囲が決まります。そのため、味が安定する範囲内でコーヒーの味がコントロールできると感じています。

要するに失敗が少ない、ということです。

V60ドリッパーとの相性が良い

ぼくはハリオのV60というドリッパーを愛用しています。このドリッパーは大きなひとつ穴が特徴で、ドリッパー内にお湯が溜まらないような作りになっています。

雫を使ってドリップすれば、お湯の量をコントロールすることができます。さらにドリッパーの性能のおかげでそのコントロールした湯量に合わせてドリップするスピードを調整することができます。

すっきり淹れたい時:お湯の量を増やす→ドリッパーもさっとコーヒーを抽出してくれる
濃く淹れたい時:お湯の量を多くする→ドリッパーもゆっくり抽出してくれる

湯量を多くできないのはメリット&デメリット

マグカップ

雫のメリットでもありデメリットでもあるのが、湯量を多くできないことです。お湯の限界量が決まっていることはメリットでもありますが、お湯を一気に注ぐことができないのはデメリットでもあります。

もしも湯量を多くしたい場合は、同じタカヒロのドリップケトルをおすすめします。とはいえ雫もかなり優秀なドリップケトルなのですが、お湯を自在にコントロールしたいという人は通常のドリップケトルも候補に入れてみてください。

ドリップ初心者こそ良いドリップケトルを

ハンドドリップを始めたての頃は、どんな道具を買えば良いか迷ってしまいます。できれば一生使えるようなものがいいですよね。

ドリップケトル「雫」は、一生使えるポットだと思ってます。かなり精巧に作られており、見た目もシンプルでおしゃれなので、長く愛用できると思いますよ。

コメント