二日酔いのときはコーヒーを飲んだら回復する【ただし偏頭痛だけ】

コーヒー 健康&ダイエット
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

お酒を飲みすぎてしまった翌日の辛い二日酔い、早く治したいところですよね。二日酔い解消のためには、コーヒーを飲むことが有効です。

昔から民間療法として有名ですが、ちゃんと二日酔いの症状を軽くしてくれることが分かっています。特にコーヒーに含まれるカフェインは、二日酔い回復にとても役立ってくれます

いつもお世話になってます…!

スポンサーリンク

二日酔いのときはコーヒーを飲んだら回復する

ラテアート

二日酔いのときにコーヒーに助けられている人、多いのではないでしょうか?コーヒーの成分、特にカフェインには二日酔いのつらさを和らげてくれる効果があります。

ただし回復するのは偏頭痛だけ

二日酔いの代表的な症状といえば、つらい偏頭痛です。コーヒーはこの偏頭痛に効いてくれるのですが、吐き気などをおさえてくれることはありません。

飲みすぎて気持ちが悪いときは、コーヒーを飲むのは我慢して、素直にお水やスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

偏頭痛になるのはアセトアルデヒドという毒素のせい

二日酔いになるのは、アセトアルデヒドと呼ばれる毒素のせいです。体内にアルコールが入ると、肝臓がアルコールを分解して、代わりにアセトアルデヒドという毒素を出します。

このアセトアルデヒドが、偏頭痛の原因です。

アセトアルデヒドは血管を広げる効果があり、そのせいで偏頭痛になってしまいます。偏頭痛の主な原因は、脳の血管が広がりすぎてしまっているからです。

広がった血管を元に戻す【治る理由】

コーヒー

脳の血管は広がりすぎても、縮みすぎても頭痛になってしまうので、元に戻してやることで頭痛は解消されます。カフェインの力で、元どおりにしてあげましょう。

カフェインは血管を収縮させる

カフェインは、脳の血管を収縮させてくれます。二日酔いで偏頭痛になったら、血管を縮めてあげましょう。血管を収縮させるというのはなんだか怖い響きですが、病気になるほど縮めるわけではないので安心してください。

利尿作用で体内の水分を循環させる【治る理由】

コーヒー

コーヒーの代表的な効果、利尿作用は二日酔いに役立ちます。アセトアルデヒドを体内から早く出してあげることで、二日酔いの症状をやわらげてくれますよ。

アルコールの毒素を体内に出す

カフェインの利尿作用は、体の中の水分を循環させてくれます。カフェインの利尿作用は有名ですね。老廃物や毒素を出してくれる役割を利用しましょう。

二日酔いのときのコーヒーの飲み方

カフェラテ

二日酔いのときのコーヒーは、少し飲み方を工夫したほうが良いですよ。いつも通りコーヒーを飲むのではなく、飲み方をちょっと変えてあげたほうが良いかもしれません。

ミルクを入れる

お酒を飲んだあとは、胃腸が荒れていたり疲れてしまっていることがあります。そのため、あまり胃に負担がかからないようにしてあげたほうが良いです。

ブラックコーヒーで飲みたいところかもしれませんが、二日酔いが残っている間は牛乳を入れて飲むことをおすすめします。

吐き気があるときは飲まない

二日酔いで吐き気があるときは、コーヒーのような刺激物を飲まないようにしましょう。余計気分が悪くなってしまいます。

カフェインで二日酔いに効くのはあくまでも頭痛だけ。気持ち悪さは治りません。それどころか悪化させてしまうこともるので、飲み物は水を中心にして、吐き気がおさまるのを待ちましょう。

水分補給もしっかりと

コーヒーの利尿作用は二日酔いの頭痛に有効ですが、水分を出すだけでは軽い脱水症状になってしまう可能性があります。必ず水分補給もするようにしましょう。

アルコールにも利尿作用があるので、二日酔いのときは体の中に水分が足りていないことが多いです。そこにコーヒーを飲んでしまうと、脱水状態に拍車をかけることになってしまいます…。

コーヒーと一緒に水を飲むなど、しっかり水分補給をするようにしてください。

薬と併用しない

頭痛をやわらげるために薬を飲んでいる場合は、コーヒーを控えるようにしてください。悪い作用が働いてしまうことがあります。

あまりにも頭痛がひどいときは、コーヒーで治すよりも薬のほうが効果的です。コーヒーはあくまでも軽い偏頭痛に有効、と覚えておいたほうが良いと思いますよ。

二日酔いのときはコーヒーを試してみて

二日酔いには、コーヒーのカフェインが有効です。上手に取り入れて、二日酔いのつらさをやわらげましょう。

またコーヒーのリラックス効果も、精神的に安心できます。しんどい思いのまま過ごすのはつらいと思うので、コーヒーを飲んでリフレッシュしましょう。

コメント