妊娠中のカフェインの影響は?コーヒー何杯までなら大丈夫?

コーヒー 健康&ダイエット
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

妊娠中のコーヒーは良くないとされていますが、どれぐらいまでなら飲んでも良いのでしょうか?

ウチの家庭でも、妊娠中や授乳中はカフェインレスコーヒーに助けられました。妊娠中のコーヒーがなぜ良くないのか、何杯までなら飲んでも良いのかをご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中にコーヒーを飲む影響は?

コーヒーと女性

よく見聞きする妊娠中のコーヒーがダメ説ですが、そもそもなぜダメなのでしょうか?

お腹の中の赤ちゃんは、お母さんの食べたり飲んだりした栄養からすくすく成長します。コーヒーに含まれている成分の中でも、特にカフェインが赤ちゃんに影響を及ぼすと言われています

妊娠中にカフェインを大量に摂取すると、赤ちゃんの発育に影響したり、死産や流産の可能性が上がってしまうというので注意が必要です。

コーヒーは2杯程度なら大丈夫

コーヒーと女性

コーヒーの代表的な成分のひとつ、カフェインはお腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼしやすいと言われています。ですが、少しの量のカフェインは問題ありません。適量であればカフェインは実は大丈夫なので、上手にコーヒーと付き合うことが大切です。

カフェイン量は200mg程度が目安

1日のカフェインの摂取量は、WHO(世界保健機関)の基準では300mg(コーヒー3〜4杯程度)とされています。またイギリスは基準が厳しいですが、それでも200mg(コーヒー2杯程度)です。

そのため、1日にコーヒーを飲む量は2杯程度で、多くても4杯程度にとどめておくと良いです。そう考えると、普通のコーヒー生活が送れる程度は飲めるということになります。

妊娠中のコーヒー生活の【注意点】

コーヒーと女性

妊娠中にコーヒーを飲んでも大丈夫ということですが、実際には少し気を付けたほうが良いと言えます。いくらコーヒーが飲めるからといって、人によってはいつもの杯数よりも減らしたほうが良いでしょう。

飲む杯数は人によって異なる

カフェインの耐性は人によって異なります。体から排出される時間も人によって差があるので、いくら2〜4杯飲めるとは言っても、自分の体と相談するようにしましょう

我慢してストレスを溜めるほうがダメかも

カフェインを摂るのが心配という妊娠中の人は、我慢してカフェインを一切摂らない生活を送る人もいます。そのこと自体間違いではありませんが、我慢しすぎてストレスを溜めてしまわないようにしましょう

カフェインの総量で考える

コーヒーで考えると2〜4杯まで飲めますが、紅茶やお茶、ココアやチョコレートにもカフェインは含まれています。例えばコーヒーのお供にチョコレートを食べたり、コーヒーの代わりにお茶や紅茶を飲んだりしていると、1日のカフェイン量をすぐに超えてしまいます。

コーヒー何杯…と決めるよりも、カフェインの総量で考えたほうが良いです。

短時間で一気に多く飲まない

1日のカフェイン量を計算していても、短時間で一気にカフェインを摂ることはおすすめしません。体内に入ったカフェインは、ある程度の時間をかけて排出されます。適度な間隔をあけて、ゆっくりコーヒータイムを楽しむようにしましょう。

妊娠中におすすめのコーヒー

コーヒーと女性

妊娠中にコーヒーを飲んでも問題ありませんが、他の飲み物や食べ物でカフェインを摂ってしまったり、少しでもカフェインが気になるという人は、普通のコーヒーを控えるようにしましょう。

心配しすぎもよくありませんが、不安な気持ちになってしまうのであればカフェインを断つのもひとつの方法です。

妊娠中におすすめのコーヒー【たんぽぽコーヒー】

たんぽぽの根を焙煎したコーヒーです。カフェインが入っていないため、妊娠中でも授乳中でも、安心して飲むことができます。たんぽぽの根を100%しており、無添加なので健康志向の人におすすめ。

妊娠中や授乳中ではなくても、カフェインが気になるというときは良い代用品になるでしょう。

たんぽぽコーヒーの詳細はこちら

妊娠中におすすめのコーヒー【黒豆玄米珈琲】

女性に人気の黒豆を使ったコーヒーです。本格焙煎なので、コーヒーの代用品としておすすめできます。たんぽぽコーヒーやルイボスティーなどとて併用して飲むのも良いですね。

やさしい黒豆玄米珈琲

妊娠中におすすめのコーヒー【デカフェ、カフェインレス、ノンカフェイン】

ひと昔前までのデカフェやカフェインレスコーヒーは、コーヒーらしさのあまりないおいしくないものでした。でも最近ではコーヒー豆専門店でも売られていたり、本格カフェインレスコーヒーがおいしく飲めます。

妊娠中は特にコーヒーと上手に付き合いましょう

妊娠中は、様々な食べ物に気を使ってしまいますよね。コーヒーが好きという人は、無理をして我慢しなくても良いです。自分の体調と相談しながら、コーヒー生活を楽しんでみてください。

ストイックにコーヒーを避けなくても、ほどほどの量のカフェインは問題ありません。とはいえ、必ず体調と相談して飲むようにしましょう。

コメント