ハリオのV60ドリッパーが初心者OKの理由3つ!これひとつで大丈夫

ハリオ ハンドドリップの道具
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

今や世界中で使われているドリッパーのひとつがHARIO(ハリオ)のV60ドリッパーです。世界中で使われているにも関わらず、初心者がまず買っておきたいドリッパーとも言えます。

日本のカフェやコーヒースタンドでも、たくさんのお店で実際にハリオのV60が使われています。

スポンサーリンク

ハリオのV60ドリッパーは初心者から上級者までおすすめ

ハリオのV60ドリッパーはハンドドリップに慣れた上級者やプロのバリスタにも愛用されていますが、ハンドドリップ初心者にもとてもおすすめです。

最初からプロも使っている道具なんていらない、と考える人もいるでしょうが、V60に関しては初心者こそ使ったほうが良いドリッパーだと思います。

V60ドリッパーがおすすめの理由3つ

ハリオ

ではなぜV60ドリッパーがおすすめなのかというと「安い、大会でも使われている、味のコントロールができる」からです。

それぞれ順番に説明していきます。

1. 安い

素材にもよりますが、V60ドリッパーはとても安いです。一番安いプラスチックの素材のもので、ワンコイン程度で買えてしまいます。しかも、そのプラスチックのドリッパーで十分です。

素材が変わると若干味に変化が起きますが、基本的にはプラスチックのドリッパーで事足りてしまいます。基本的な構造は変わらないので、インテリアや味にこだわりたいと言う人は、陶器や金属のV60を選ぶこともできます。

2. ハンドドリップの大会でも使われている

ハンドドリップの世界一や日本一を決める大会に出場するバリスタも、V60を使っています。競技として正式に使われているということは、もちろん作りに信頼があるからです。

一流が使っているものが必ずしも一流、ということはありませんが、V60に関しては世界中のトップバリスタが使っているので、信頼できるドリッパーと言えるでしょう。

3. 味のコントロールができる

ハンドドリップに慣れてきたら、どんどんおいしい自分好みの味のコーヒーを淹れてみたくなります。V60ドリッパーは、味のコントロールをすることができます

基本的にハンドドリップは、淹れる人によって味が変わります。微妙なコントロールによって味が変わるからこそ奥が深く、いまだにおいしいコーヒーの淹れ方については様々な議論が交わされています。

後述しますが、V60ドリッパーの特徴のひとつが大きなひとつ穴です。お湯を注ぐスピードによって濃い味、すっきりした味、と調整することができます。このコントロールのしやすさと奥深さが、V60の魅力と言えるでしょう。

V60ドリッパーの特徴3つ

V60ドリッパーには、他のドリッパーにはない特徴が3つあります。それぞれの特徴と魅力を解説していきます。

円錐型

V60ドリッパーの形は円錐型です。ドリッパーには円錐型と台形型がありますが、円錐型のほうが味に違いを出しやすい構造となっています。

円錐型のドリッパーはコーヒーの層が縦に長くなり、その分お湯とコーヒーの粉が触れる時間が長くなり、そのことによってコーヒーの持つ味や香りが十分に抽出される仕組みとなっています。

大きなひとつ穴

V60ドリッパーは、底面に大きなひとつ穴があります。このひとつ穴のおかげで、コーヒーの味の変化をつけることができます。お湯を注ぐスピードを調整することで、すっきりした味わいにすることも濃く淹れることも可能です。

またドリッパーの中でお湯が溜まりすぎないため、雑味とおいしい成分をしっかり分けてコーヒーを抽出することができます。

スパイラルリブ

V60ドリッパーは、底面から上部にかけてリブが入っています。このリブによって、ドリッパーとペーパーフィルターの間に適度な隙間が生まれます。特に蒸らしの段階でとても役に立つのがこの隙間です。

コーヒー豆にお湯を注いだら、炭酸ガスが発生して膨らみます。V60のリブによって作られた隙間は炭酸ガスの通り道となり、上手に逃がしてくれる役目を持っているのです。炭酸ガスが抜ける道があることによって、コーヒーの粉もしっかり膨らんでくれます。

V60ドリッパーは初心者でも扱える?

V60は世界中で使われています。ハンドドリップの世界大会で使用するバリスタもいたり、世界各地のカフェやコーヒースタンドでも使われています。

ハンドドリップに慣れている人やお店でも使われているということは、ハンドドリップ初心者でもうまく扱えるのかどうかという不安もあるでしょう。

V60を使ったハンドドリップは奥が深く、淹れる人によって味が変わります。しかし、基本的にはおいしいコーヒーを淹れることができることが魅力です。V60が上級者にも愛されている理由は、コーヒーの雑味が出にくいことと、ハンドドリップでコーヒーの成分が抽出しやすい構造にあります。

これはある程度(言い方は悪いですが)適当に注いでもおいしいコーヒーが淹れられるということです。おいしいコーヒーの好みは人によって変わりますが雑味のない「良いコーヒー」の感覚はみんな似たようなものです。

良いコーヒーを淹れることは、ドリップ初心者に関わらずどんな人でも目標とするところです。そのためにおすすめできるドリッパーが、V60と言えるでしょう。

V60ドリッパーの選び方

ひとくちにV60ドリッパーと言っても数種類あります。それぞれの特徴を知って、購入するドリッパーを選んでみてください。

V60「01」と「02」の違い

V60ドリッパーには「01」と「02」があります。これは単純に大きさの違いです。「01」は1〜2杯分用で「02」は1〜4杯用となっています。

大は小を兼ねると言いますが、ドリッパーに関してはそうとは言い切れません。基本的に1〜2杯分ぐらいを淹れるのであれば「02」ではなく「01」を購入するようにしましょう。

素材はどれを選ぶのが良い?

ドリッパーの素材によって、淹れたコーヒーの味は少し変わってきます。陶器や金属フィルターで淹れると、若干コーヒー成分の抽出のされ方が変わるためです。

例えば金属フィルターで淹れると、コーヒーの脂肪分が抽出されやすくなります。素材選びは好みですが、まずはプラスチックのもので十分と考えておきましょう。

ペーパーフィルターはV60専用のものを使いましょう

ペーパーフィルターは、必ずドリッパー専用のものを使う必要があります。大きさも合わせてください。サイズや形が合わなければ、せっかくのドリッパーの性能を活かしきることができません。

初心者も上級者も使いやすいV60

コーヒー初心者にもプロのバリスタにも愛されているV60ドリッパーは、ひとつ持っておいて損はないです。これまでハンドドリップをしていたけれど、V60は使ったことがないという人にもおすすめできます。

ひとつ持っておけば、長く使えること間違いなしです。色や素材もたくさんあるので、インテリアに合わせて選んでみるのも良いですね。

コメント