ハンドドリップのコツ。美味しいコーヒーを淹れる8ステップの方法

ハンドドリップ ハンドドリップの淹れ方
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

ハンドドリップでコーヒーを淹れるのは、実はとても簡単です。結論から言えば、お湯をコーヒーの粉に注ぐだけ、です。その反面、淹れ方によって味が変わるという奥の深さも持ち合わせています。

スポンサーリンク

ハンドドリップで美味しいコーヒーを飲みましょう

コーヒー豆

自宅で美味しいコーヒーが飲みたいときには、ハンドドリップに挑戦してみましょう。ハンドドリップをしたことがないという人にとってはハードルが高く感じるかもしれませんが、実はハンドドリップはとても気軽に美味しいコーヒーを入れることができます。

この記事では、ハンドドリップの方法やコツについてご紹介します。新鮮なできたてコーヒーを、自宅でも入れてみましょう。

コーヒーをハンドドリップで入れるときのイメージ

コーヒー豆

ハンドドリップでコーヒーを入れる際には「コーヒーのうまみだけをサーバー(カップ)に落とし、雑味はドリッパー内に残す」イメージを持つようにしましょう。

でも、どのような入れ方をしてもコーヒーは抽出されますし、良いコーヒー豆はある程度雑に入れても美味しいコーヒーが出来上がります。

少しでもハンドドリップで美味しいコーヒーを入れたいときは、できるだけ雑味を落とさないようなイメージを持つようにしてみてください。頭の中でイメージをしておくことによって、より美味しいハンドドリップができるようになります。

コーヒーのハンドドリップの入れ方8ステップ

コーヒー

コーヒーのハンドドリップは、おおまかに8つのステップに分けることができます。慣れていない人はざっくり流れを確認することから始めてください。ハンドドリップに慣れている人は細かいポイントに注意しながら読んでみましょう。

ステップ1. お湯を沸かす(お湯をドリップポットに移す)

お湯が用意できていなければ、ハンドドリップは始まりません。ティファールやバルミューダなどの電気ケトルや、ヤカンでお湯を沸騰させましょう。ケトルやヤカンがないという人は、ドリップポットで直接お湯を沸かしてください。

100℃に近い高温だと、コーヒーの雑味が出やすくなってしまいます。少し水を足したり放置したりしながら、湯温を90℃近くまで下げてください

湯温計を持っている人は、お湯を移したドリップポットに水を少しずつ足して、湯温計を確認しながら湯温を下げてあげてください。

湯温計がない場合は、サーバーやカップにお湯を注ぎ、そのお湯をドリップポットに移してみましょう。季節や環境によるので一概には言えませんが、それだけで5℃以上は下がると思います。(サーバーやカップを温める効果もあります)

ステップ2. コーヒー豆の量を測る

コーヒー豆の量は、できるだけ計るようにしましょう。一般的には12〜15gが適切と言われています。ここで難しいのが、適切な豆の量とされているのは、人によって異なるということです。湯温に関してもそうでしたが、人によったりコーヒー豆の特徴であったりで、適切な量が変わってきます。

ちなみにぼくがコーヒーをハンドドリップする際は、15gを目安にしています。理由は数字のキリが良いことと、どんな焙煎度の豆でもしっかり味が出てくれるからです。しかし、お店によっては20gのところも10g程度が推奨のところもあります。

自宅でハンドドリップをする際のおすすめの分量は、お店の人に聞いてみましょう。お店の人が20gと教えてくれたら、まずは20gで入れてみる、少し濃いなと感じたら豆を減らしてみるなど、工夫してみましょう。

ステップ3. コーヒー豆を挽く

挽いた状態のコーヒーを買ってきた人は、この工程を省くことができます。(でもできるだけ、ドリップする直前に挽くことをおすすめします)

コーヒー豆は、豆のままの状態ではコーヒーを抽出できません。コーヒー豆の細胞の隙間にお湯を通すことで、コーヒーの成分が抽出されます。豆のままでは大きく硬いので、うまくお湯が入り込んでくれません。そのため、ミル(グラインダー)を使ってコーヒーを細かく砕く必要があります。その砕くことを「挽く」と言います。

ステップ4. ドリッパーにペーパーをセットする

ドリップペーパーをドリッパーにセットします。ドリップペーパーは専用のものを用意してください。セットする際には、メリタであれば二度交互に折ったり、ハリオのV60ドリッパー用であれば一度折る必要があります。

ステップ5. ドリッパーに挽いた豆を入れる

ドリッパーにドリップペーパーをセットしたら、挽いた豆を入れましょう。入れ終わったら、表面ができるだけ平らになるように振ってください。表面がでこぼこしていたり、偏りがあったりすると、均一にお湯を注げません。

ステップ6. コーヒー豆を蒸らす

いよいよ注湯ですが、まず始めに、コーヒー豆を少量のお湯で蒸らします。蒸らしに使うお湯の量は、細かく決めなくて大丈夫ですが、粉全体にお湯が行き渡る程度にしておきましょう。その際、ポタポタとドリッパーから少量のコーヒーが出ても、問題ありません。

蒸らしの時間も人やコーヒー豆によってそれぞれですが、20秒〜30秒が一般的でしょう。蒸らしはせず、いきなり抽出からという手法もあります。

ステップ7. コーヒー豆にお湯を注ぐ

蒸らしが終わったらお湯を注いでいきましょう。お湯は3〜4回程度に分けて注ぎます。ドリッパーの真ん中から「の」の字を書くようにお湯を注いでいきます。注ぎ始めると泡が出てくるはずです。その泡はコーヒーの「アク(=雑味)」です。泡を下に落とさないように、泡の外淵をなぞるようにして、500円玉程度の大きさになるまで円を描き続けましょう。

急いでクルクルお湯を注ぐよりも、細くゆっくりお湯を「置く」ような感覚で注いでください。500円玉程度になったら、お湯を注ぐのを一旦中断します。

2回目、3回目の注湯も同じ要領です。ハンドドリップは前半に出たほうがコーヒーのほうが濃く、後半は薄く(また雑味も多く)なります。なので、後半はできるだけサッと抽出したいところです。後半は少しお湯を太くして注湯するようにしましょう。

ステップ8. ドリッパーを外す

目的の量までコーヒーが抽出されたら、ドリッパーをサーバーやカップから外しましょう。その際のポイントは、ドリッパーに残ったお湯が最後まで落ちきる前に外すことです。コーヒーには雑味が含まれているので、それを落としてしまわないためにも、早めにドリッパーを外すことをおすすめします。

コーヒーをハンドドリップで美味しく入れるコツ8つ

ドリップ

ハンドドリップ自体は誰にでも簡単にできますが、少しコツを頭に入れておくことで、より美味しいコーヒーが出来上がります。

新鮮なコーヒー豆を使う

新鮮なコーヒー豆を使うことは、上手にハンドドリップをする一番の条件です。長期保存(1ヶ月以上)しているコーヒー豆は、甘味や良い酸味、香りが損なわれてしまい、逆に雑味や嫌な酸味が出てしまっています

できるだけ焙煎したてのコーヒー豆を売ってくれるお店で買ったり、買ったら早めに使い切るようにしましょう。

豆(粉)の量を測る

コーヒー豆(粉)の量はちゃんと測るようにしてください。目安として、1杯につき15gの豆を使用するようにしましょう。入れてみて濃かったり薄かったり、またもしもお店の推奨の豆の量があれば調整してください。

また2杯分、3杯分を一気に入れるときは豆の量を倍にしましょう。一般的には少し減らすという方法もありますが、細かく気にする必要はないと考えています。

お湯の温度に気を付ける

お湯の温度が低すぎれば、コーヒーの成分がうまく抽出できません。またお湯の温度が高すぎると粉が暴れてしまい、丁寧なハンドドリップができないでしょう。80℃〜93℃あたりを狙うと、どの焙煎度合いのコーヒー豆でも比較的上手にハンドドリップできます。

コーヒーを入れる直前に豆を挽く

コーヒー豆は鮮度が命です。コーヒー豆は空気に触れることによって劣化が進みます。豆を挽いて粉の状態になったコーヒー豆は、空気に触れる面積が大きくなるため、自然と劣化のスピードも早まります。

そのため美味しいコーヒーを入れるためには、コーヒー豆は入れる直前に挽いたほうが良いと言えるでしょう。

優しくお湯を注ぐ

勢いよくコーヒーの粉にお湯を落とすと、ドリッパーの中でお湯が溜まってくれず、コーヒーの成分が抽出されないまま落ちてしまいます。優しく置くようにお湯を注ぐことによって、コーヒーの成分をじっくり抽出することができます。

ドリッパーの淵にお湯をかけない

ドリッパーの淵に溜まっているコーヒーの粉は、濾過槽(ろかそう)です。この層のおかげで、コーヒーの美味しい成分が上手に抽出されます。コーヒーの粉全部にお湯をかけてしまいたくなりがちですが、ドリッパーの淵にある濾過槽は崩さないようにしましょう

最後まで落としきらない

目的の量まで抽出できたら、ドリッパーの中にお湯が残っていてもドリッパーを外してください。最後の最後まで抽出を続けていれば、雑味まで落ちきってしまいます。コーヒーの美味しい成分だけを抽出し、雑味を落とさないコツです。

2〜3分で入れる

ハンドドリップは丁寧に行うイメージがありますが、実際にはサッと入れたほうが良いです。時間は入れ始めて2〜3分と考えてください。これは1杯分でも2杯分でも同じです。長い時間をかけすぎると、雑味も一緒にサーバー内に落ちてしまいます。

特に後半(3〜4投目ぐらい)は、注ぐお湯を太くして、スピーディーに抽出しましょう。ハンドドリップは最初の落ち始めが一番濃く、だんだんと薄まっていきます。後半は抽出量や濃度の調整と考えて、よりサッと入れるようにしましょう。

多くの杯数を一気に入れない

1杯分でも2杯分でも、3杯分でも4杯分でも抽出時間は同じ2〜3分がベストです。ということは、4杯分ともなれば抽出時間を短くすることはとても難しくなります。一回で淹れる量はできるだけ2杯分程度にしたほうが無難です。

ハンドドリップは気軽にチャレンジ!

ハンドドリップは誰でもコーヒーを抽出することができます。器具も比較的安く揃えることができるので、チャレンジもしやすいコーヒーの楽しみ方と言えるでしょう。

また手軽ながらも奥が深いところがハンドドリップの魅力です。基本の淹れ方を体に染み込ませたりコツを掴むなどをして、自分流のハンドドリップコーヒーにチャレンジしてみてくださいね。

 

コメント