コーヒーを蒸らしても膨らまない理由【普通は膨らみます】

コーヒー ハンドドリップの淹れ方
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーを淹れる際の「蒸らし」は、味を十分に引き出す大切な作業です。ぷくぷくと膨らむ様子を見たり、コーヒーの持つアロマを存分に感じることができる瞬間でもありますね。

蒸らしをしようとお湯を注いだとき、全然膨らまないという経験はありませんか?お湯を通していないコーヒー豆には炭酸ガスが含まれているので、蒸らしの段階で膨らむのが普通です。

スポンサーリンク

コーヒーを蒸らしても膨らまない理由

ドリップ

ハンドドリップの蒸らしで膨らまない理由についてご紹介します。上記でも書きましたが、普通は蒸らしをする時点でぷくぷくとハンバーグ状に膨らみます。しかし、中には膨らまないという場合もあるので覚えておきましょう。

コーヒーが膨らむ瞬間は、淹れてて1番楽しいときかも!

コーヒー豆が極浅煎りだと膨らみにくい

コーヒー

コーヒー豆が極浅煎りの場合、お湯を注いでもうまく膨らんでくれません。極浅煎りは、コーヒー豆の個性を十分に感じることができる焙煎度ですが、うまく膨らませようとしても思った通りにいかないことが多いでしょう。

極浅煎りには炭酸ガスが少ない

コーヒー豆は、焙煎度によって含まれている炭酸ガスの量が違います。焙煎が深くなるにつれて炭酸ガスが多くなるため、自然と膨らみやすいのが特徴です。例えば浅煎りよりも中煎り、中煎りよりも深煎りのほうが膨らみやすいです。

浅煎りのコーヒー豆は、元々膨らみにくいことが特徴なので、蒸らしの段階で膨らまなくてもあまり気にしなくても良いでしょう。また極浅煎りであれば、ほとんど膨らまないという場合もあります。

スペシャルティコーヒーの普及によって、極浅煎りのコーヒー豆を販売しているお店も増えてきました。極浅煎りのコーヒーは、まるで紅茶のような透き通った見た目や、果実のようなフレーバーが特徴です。

(個人的な感想ですが、焙煎が浅すぎるコーヒー豆には良し悪しがあると思っています…)

コーヒー豆の鮮度が悪いと蒸らしが上手にできない

ハンドドリップ

コーヒー豆の鮮度が落ちてしまっていると、蒸らしの段階で全く膨らんでくれない場合があります。残念な話ですが、このようなコーヒー豆を飲んでいると健康によくありません…。コーヒーは鮮度が命なので、できるだけ新鮮な状態のコーヒー豆を買うことをおすすめします。

日が経つにつれて炭酸ガスが抜けていく

コーヒー豆に含まれている炭酸ガスは、日が経つにつれてだんだんと抜けていきます。焙煎をした日が一番炭酸ガスが多く、3日ほどで落ち着いてきてちょうど良いぐらいの炭酸ガス保有量になります。

例えば焙煎してから1ヶ月以上経ったコーヒー豆は、最初の頃と比べると膨らみ方がまったく違います。

特に量販店やチェーン店などは、コーヒー豆を大量焙煎、大量ストックしていることが多いため、店頭で売られている豆は鮮度が悪いことが多いです

蒸らしの段階でコーヒー豆が膨らまない場合は、鮮度を疑ってみてください。

コーヒー豆の個性は関係ありません

コーヒー豆

コーヒー豆は産地や農園によって味や香りの個性が違います。個性と膨らみやすさは、さほど関係ありません。

ただし、産地によっておすすめの焙煎度があることを覚えておいてください。例えばエチオピアやエルサルバドルといった国のコーヒー豆は、豆の個性を生かせるように浅煎りで焙煎されることが多いです。

そのため、エチオピアやエルサルバドルのコーヒー豆は膨らみにくい、と先入観を持ってしまうこともあるでしょう。あながち間違いではないのですが、産地によって膨らみにくい豆がある、ということはありません。

蒸らしで膨らまないからといって技術不足ではありません

男性

蒸らしの段階でうまくコーヒー豆が膨らまないからといって、ハンドドリップのテクニックが不足しているということはありません。極論、ちゃんと膨らむコーヒー豆であれば、お湯をドバッと注ぐだけでも膨らんでくれます。

鮮度が悪いか、焙煎が浅煎りかのどちらかの理由で膨らまないので、技術不足だとは思わなくても良いですよ。膨らませたいと考えているなら、鮮度の良いコーヒー豆を買ったり、深煎りを選ぶようにしてみてください。

蒸らしはするときは丁寧に膨らましましょう

蒸らしは、ハンドドリップでコーヒーを淹れる際の大切な準備運動です。しっかり膨らませることによって、コーヒーの成分が抽出されやすくなります。

コーヒー豆が中煎りや深煎りの焙煎度で鮮度がよければ、しっかり膨らんでくれます。蒸らしの状態で膨らまないと悩んでいる人は、鮮度の良い豆や焙煎度の深いコーヒー豆を使ってみましょう。

コメント