むくみ解消にはコーヒーが役に立つ。上手な飲み方でむくむ悩みとさよなら

カフェ 豆知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「むくみ」に悩まされている女性のあなた、日常的にコーヒーを飲んでいますか?

 

コーヒーとむくみには関係があります。

むくみに悩んでいるという人は、コーヒーとうまく付き合って、むくみを解消しましょう。

 

この記事でわかること
  • コーヒーはむくみ解消に役立つ
  • コーヒーがむくみの原因になることもある
  • むくみ解消のためのコーヒーの飲み方

 

コーヒーの代表的な効果と言えば利尿作用。

このおかげでむくみを解消することができると言われています。

 

おんど
おんど

むくみは体内の水分バランスが悪いから起こる、これがキモです。

 

ただし逆にコーヒーによってむくんでしまうという場合もあるので、飲み方には少しだけ注意しましょう。

  

適度な量のコーヒーを飲めば「むくみが解消される」と言われています。

 

しかし、飲み過ぎやむくみが気になるという人は、コーヒーの量を調整したほうが良いかもしれません。

 

少なからず影響がある「コーヒーとむくみの関係」について、ご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

コーヒーの利尿作用はむくみ解消に役立つ

むくみが起こるのは、体内の水分量が過剰なことが原因のひとつです。

 

コーヒーが持つ利尿効果は、体の中の余分な水分を排出してバランスを良くしてくれます。

 

適度な量のコーヒーを飲むことによって、体内の水分バランスが整い、むくみを解消する効果があると言われています。

 

コーヒーの利尿作用がむくみの原因になる場合も

体内の水分量が少ない状態は、むくみの原因のひとつになります。

むくみ解消のためには「水分をたくさん取ること」が有効です。

 

そのため、水分が慢性的に足りていない人は「コーヒーの利尿作用によってさらに体内の水分量がさらに減ってしまう」可能性も。

 

体に水分量が少ないと、体内の水分を逃さないように、古い水分を溜め込んでしまいます。

その溜め込んだ水分が、むくみの原因です。

 

コーヒーを日常的に飲んでいてもむくみが気になる人は、少しコーヒーの量を減らしてみるのも改善方法のひとつです。

むくみを解消するため、コーヒーの飲み方や量を少し変えてみてください。

 

 

むくみを解消するためのコーヒーの飲み方

  • むくみを解消するためにコーヒーを飲みたい。
  • 逆にコーヒーは飲みたいけれど、むくみが気になっている。

 

そんな人は少しだけコーヒーの飲み方に注意してみましょう。

むくみを解消するためのコーヒーの飲み方を、ご紹介していきます。

 

水分は別でしっかり取る

むくみが気になる人は、コーヒー単体ではなく、お水も一緒に飲みましょう。

これは、コーヒーの利尿作用によって、体内の水分量を減らさないためです。

 

水分を多めに取れば、新鮮な水分が体内を循環するようになります。

 

空腹時には飲まない

空腹時にコーヒーを飲むと、過剰に胃酸が出てしまいます。

胃酸が過剰に出てしまうことは、むくみの原因のひとつです。

 

コーヒーを飲むときは、空腹時を避けたり、おやつを一緒に食べるようにしましょう。

 

飲み過ぎには注意

コーヒーは、水分の排出を促す「カリウム」の働きを抑制すると言われています。

カリウムとは、体内の水分排出を促してくれる物質のこと。

 

水分排出の要領が悪いと、むくみの原因になってしまいます。

 

もちろん、少量のコーヒーであれば問題ありません。

コーヒーの適量は個人差があります。

適量については今も研究が進められていますが、1日2〜3杯程度を目安とするようにしましょう。

 

飲み方を誤れば逆効果!正しくコーヒーを楽しみましょう

コーヒーの利尿作用は、体にとってプラスに働くことが多いです。

ただし飲みすぎてしまえば、むくみの原因となってしまいます。

 

体に良いとされている食べ物や飲み物でも、取りすぎは要注意です。

むくみが気になるという人は、コーヒーの量を調整しながら楽しむようにしてみてください。

 

コメント