コーヒーのカフェインが持つ効果4つ。体にどんな作用がある?

勉強 豆知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒーを飲むとどうなる?

コーヒーを飲むと、カフェインを摂取します。カフェインが体の中に入ると、人間の体にはどんな効果が作用があるのでしょうか?カフェインと前向きに付き合っていくために、コーヒーを飲んだらどのような効果があるのかを見ていきましょう。

カフェインが持つ代表的な効果4つ

コーヒーに含まれるカフェインを人間が飲んだとき、様々な効果が作用が見られるようになります。代表的な効果、作用を4つ見ていきましょう。

1. 覚醒作用

コーヒーのカフェインが持つ作用で一番有名なのは、覚醒作用でしょう。この作用のおかげで、広く世界中から愛されるようになったとも言われています。眠気を覚ます効果は、確かにあります。

効果は2時間ほど続くと言われ、カフェイン摂取後15分ほどで効果が出始めるとされています。しかし、カフェインに体が慣れすぎると効果が実感できなくなるため、その作用には限度があります。

2. 利尿作用

コーヒーのカフェインには、利尿作用があります。利尿作用のおかげで新陳代謝が良くなり、むくみの改善やダイエット、美容にも良いとされています。

しかし利尿作用があるということは、脱水症状にも気を付けなければいけません。敏感な人は特にコーヒーを飲みながら別で水分補給をするなど、対策をしておく必要があるでしょう。

3. 勉強がはかどる

カフェインが含まれたコーヒーを飲むことによって、勉強がはかどるようになります。これは勉強をする際、頭の疲れを軽減してくれるという理由からです。

勉強がはかどるだけで、急に頭が良くなるわけではありません。しかし考える力を継続させることができるので、受験勉強や資格の勉強のお供にコーヒーを飲んでカフェインを摂取することは、とても理にかなっていると言えます。

4. 運動の持続力向上

コーヒーに含まれるカフェインは、スポーツの面でも役に立ちます。筋力が付いたり、運動神経が良くなるということではありません。

カフェインの持つ効果によって、筋肉の疲労を軽減させてくれ、運動の持続力向上に役立つようになります。例えば筋トレであれば、いつもは20回のところがコーヒーを飲むことによって2〜3回多く回数をこなすことができるようになると言われています。

そもそもカフェインとは?

カフェインと言えば、コーヒーでも代表的な成分のひとつです。何気なく使っているカフェインという言葉ですが、実際はどういうものなのでしょうか?

カフェインは外的から身を守るために作られた

コーヒー豆は、コーヒーノキという植物にできる果実の種です。カフェインを嫌う外敵から身を守るために、コーヒーノキはカフェインを作るようになったと言われています。

しかし昆虫も適応します。近年ではカフェインを毒としない外敵も多くなり、相変わらずコーヒーノキを栽培、管理するためには大変な労力が使われています。

カフェインは快楽物質

コーヒーは嗜好品のひとつです。嗜好品と呼ばれるものの中には必ず、快楽物質が含まれています。タバコで言えばニコチン、お酒で言えばアルコール、コーヒーで言えばカフェインです。

広い意味での「コーヒーのおいしさ」は、このカフェインの持つ快楽作用が働いていると言われています。カフェインを摂ることで、日常生活では味わえない覚醒作用や興奮作用を得ることができます。

コーヒーの苦味の主役はカフェインじゃない

コーヒーの苦味成分に関しては、今もなお研究が進められています。よく誤解されるのは、コーヒーが苦いのはカフェインのせい、ということです。実はコーヒーの苦味のうち、カフェインによるものは全体の1〜3割程度とされています。

例えば浅煎りのコーヒーと深煎りのコーヒーを飲み比べた場合、苦味が強いのは深煎りのコーヒーです。しかし、カフェインが含まれている量は変わりません。コーヒーの苦味に関わっていることは間違いありませんが、カフェインだけのせいで苦みが生まれているということはありません。

カフェインとうまく付き合いましょう

コーヒーのカフェインが持つ効果は、とても素晴らしいものが多いです。いまだに研究され続けているカフェインやコーヒーの成分ですが、科学で証明できない昔から世界中で飲まれてきたのには、人が良い、おいしいと感じてきたからと言えるでしょう。

カフェインメリットや魅力を紹介しましたが、飲み過ぎや過剰な摂取は効果がありません。またカフェイン中毒や依存症になってしまう可能性もあるので、体と相談しながら適度な量のコーヒーを飲むようにしましょう。

コメント