【コーヒー用語】中細挽き(ちゅうぼそびき)

中細挽き 用語
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

「中細挽き(ちゅうぼそびき)」は、コーヒー豆を挽いたときの「粗さ」を表す言葉。

中細挽きは、粗さの中では真ん中から少し細かいぐらい。

 

コーヒー豆の挽き方は「粗挽き」「中挽き」「中細挽き」「細挽き」「極細挽き」と、大きく5段階に分けられる。

 

中細挽きは粒が中ぐらいから少し細かく「主にペーパードリップでの抽出に使われる」ことが多い。

 

コーヒーメーカーでも主に中細挽きが推奨されているため、最も一般的な挽き方。

 

おんど
おんど

スーパーで売られている挽き目も、だいたい中細挽き。ペーパードリップにもコーヒーメーカーにも、よく使われます。

 

 

コメント