アメリカンコーヒーとは?由来は?普通のコーヒーとの違いは?

談笑 基礎知識
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

喫茶店やカフェなどにあるアメリカンコーヒーというメニュー、気になっているけれど頼んだことがないという人も多いと思います。

アメリカンコーヒーとはそもそも何なのか、どういったコーヒーのことを言うのでしょうか?昔から日本人がよく見聞きするアメリカンコーヒーについてご紹介します。

スポンサーリンク

アメリカンコーヒーとは?

コーヒー

アメリカンコーヒーは、昔から喫茶店にあるメニューのひとつです。頼んだことはなくても、実際にメニュー表で見たことがあるという人は多いのではないでしょうか?

よく誤解されるのが、アメリカンコーヒーはただの薄いコーヒーである、ということですが、そんなことはありません。

アメリカンは浅煎りの豆を使ったコーヒーのこと

コーヒーショップ

アメリカンコーヒーの正式な定義は、浅煎りのコーヒー豆を使ったコーヒーです。

焙煎度が低いシナモンロースト(浅煎り)やミディアムロースト(やや浅めの中煎り)の豆を使って、パーコレータなどのコーヒーメーカーで多めのお湯でいれる点が特徴である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカン・コーヒー

浅煎りのコーヒー豆は、一般的に酸味が強くて苦味が弱いことが特徴です。さっぱりとした味わいでありながら、コーヒー豆が本来持つフルーティなフレーバーを楽しむことができます。

薄いコーヒーという認識も健在

ただし、日本人に馴染みのあるアメリカンコーヒーは、薄いコーヒーという認識が根強いです。昔のコーヒーの一般的な味と言えば、しっかりした苦みのあるものでした。浅煎りのコーヒー豆は苦味が弱いため、結果的に薄いコーヒーという認識になったようです。

その文化の影響で、ただ単純に薄いコーヒーのことをアメリカンコーヒーと呼ぶお店はまだあります。深煎りのコーヒーをお湯で割ったものをアメリカンコーヒーとして提供している場合もありますが、それについてはあながち間違いとは言い切れないと思います。古き良き文化かなとも思っていますので。

普通のコーヒーとアメリカンコーヒーの違い

コーヒーカップ

喫茶店やカフェで飲む普通のコーヒーの定義はとても難しいですが、一般的なコーヒーとアメリカンコーヒーの違いは、味が濃いか薄いかによるところが大きいです。しかし最近では浅煎りのコーヒーも普通に飲まれているため、境界線は難しいと言えるでしょう

お店でアメリカンコーヒーと言われれば、それはアメリカンコーヒーである…と考えても良さそうです。

苦味が薄いか濃いかどうか

アメリカンコーヒーが浅煎りであることから、苦味が薄いか濃いかがひとつの大きな違いであると言えます。あっさり、さっぱりとしたコーヒーがアメリカンコーヒーです。

ただの薄いコーヒーがアメリカンコーヒーであるという認識は、少し昔の風潮のようです。今も名残は残っていると思います。

アメリカンコーヒーの由来(諸説あり)

コーヒー豆

アメリカンコーヒーの由来には諸説あります。どの説が正しいのかと言うことはできませんが、参考程度にご紹介します。

アメリカ大陸の開拓中に生まれた飲み方

ヨーロッパ人がアメリカ大陸を開拓する際、十分なコーヒー器具を持っていなかったため、仕方なく淹れたコーヒーが薄かったことからアメリカンコーヒーが誕生したと言われています。

コーヒー豆の節約のため

第二次世界大戦中にコーヒー豆の価格が高くなったため、豆の量を節約して淹れたところ、薄いコーヒーが浸透してしまったという説もあります。

日本では薄いコーヒーという認識

日本人が飲む一般的なコーヒーは苦味の強いものでした。それに対しアメリカンコーヒーは浅煎りで薄い苦味のためアメリカン=薄いコーヒーという認識が広まったという説もあります。

アメリカンコーヒーは日本だけの呼称

コーヒー

アメリカンコーヒーは、世界共通の言葉ではありません。日本でのみ通用する言葉です。海外でアメリカンコーヒーとオーダーしても通じませんので注意しましょう。

アメリカでは「weak coffee」と呼ばれる

例えばアメリカでアメリカンコーヒーを注文したいときは「weak coffee」とオーダーするようにしましょう。ただしお店によっては対応できないところもあるし、そもそもweak coffeeの文化もあまり浸透していません…。薄いコーヒーを見つけること自体が難しいと言えます。

アメリカンコーヒーとアメリカーノは違う

コーヒー

アメリカンコーヒーに似た名前のコーヒーが「アメリカーノ」です。アメリカーノとは、エスプレッソをお湯で割った飲み物のことです。エスプレッソをちょうど良い濃さにするため、さらっと飲むことができます。こちらは世界で通用する言葉です。

アメリカンコーヒーの作り方

コーヒー

アメリカンコーヒーを作るのは、結論から言えば普通に浅煎りのコーヒー豆を使えば良いです。そのため、浅煎りのコーヒーをおいしく淹れられるように少しのポイントを押さえておきましょう。

浅煎りのコーヒー豆を使う

浅煎りのコーヒー豆は、焙煎度で言えばシナモンローストあたりになります。お店で買うときにシナモンローストと伝えても良いですが、多くの場合は浅煎りと伝えれば良いです。

お湯を多めでさっと淹れる

さっぱりとした味わいを目指してドリップするため、多めのお湯でさっと淹れるようにしましょう。ゆっくり淹れてしまうと濃くなってしまいます。

粗めにコーヒー豆を挽く

コーヒー豆は、細かく挽くほど味が濃くなります。粗めにコーヒー豆を挽くことによって、あっさりとしたコーヒーを淹れることができます。通常のドリップでは中挽き程度ですが、少し粗めに挽くことがポイントです。

アメリカンコーヒーを楽しみましょう

アメリカンコーヒーは浅煎りのコーヒーのことです。最近は浅煎りのコーヒーが流行中なので、手軽に豆も手に入るし、コーヒースタンドやカフェなどでも飲むことができます。

お店によってはアメリカンコーヒーと記載していないところも多いですが、薄くさっぱりした味わいのコーヒーは、いわゆるアメリカンコーヒーと考えても良いです。あえてアメリカンコーヒーと表記しないほど、浅煎りのコーヒーは浸透しています。

コーヒーには様々な味わいがありますが、いつも深煎りのこってりしたコーヒーを飲んでいるという人は、浅煎りのアメリカンコーヒーも楽しんでみてくださいね。

コメント